365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

日常生活を送っていると、突然に水のトラブルが発生します。洗面所がつまり、水が流れなくなった。子どもがトイレに小さな人形を落としてそのまま流してしまい、トイレがつまってしまった。キッチンの蛇口から水が漏れて止まらない ……。このようなトラブルが発生してしまうと日常生活はストップしてしまいます。そこで修理をお願いしたいと思うが、どこに連絡していいのか、わからなくて困ってしまうことはありませんか。このようなときに頼りになるのが、「住まいる水道」なのです。

「住まいる水道」とは、東京都練馬区に本店を置く「株式会社住まいる設備」の屋号で、水のトラブル対応や各種部品の取付・交換、給排水工事、法人様向けのメンテナンスサービスなどを行っている会社です。水道修理・水漏れ修理、トイレのつまりやシャワーヘッドの交換など、水回りのトラブルにすべて対応していただけます。
利用の仕方は簡単です。まず、トラブルが発生した状況を電話で説明します。トラブルの箇所はどこなのか。キッチンなのか、洗面所なのか。また、つまってしまったのか、水が漏れて止まらないのか。住まいはマンションなのか、一軒家なのか。住所はどこか。これらを説明します。
そうすると、話の内容から修理費の概算と到着時間などが連絡されます。その費用と時間でよければ、修理訪問を依頼しましょう。ほどなく、担当スタッフが到着し、トラブル箇所を確認して緊急を要するときは応急処置がなされます。その後は、状況を確認して原因を判断し、交換必要な部品と作業の手順、作業時間と正確な見積額などの説明となります。疑問や質問があればこの時に聞きましょう。説明内容に納得すれば、作業が開始。修理交換後には、水漏れやつまりなどのトラブルが解消されていることを確認して作業は終了です。

修理には知識と経験の豊かなスタッフが担当します。修理後には再びこのようなトラブルが発生しないよう、予防策についてもアドバイスしていただけますので、安心してお任せすることができます。また、費用も作業前に確認した金額です。知らないうちに請求額が増えていたということは、決してありません。24時間、365日対応で、夜間でもOKです。ただ、夜間の作業で大きな音が出る場合には、ご近所様に配慮し、作業が翌日になることもあります。
もちろん、出張料・見積料は無料。修理した部分については、作業後1年~3年の保証と無料点検などのアフターサービスもついきます。

「住まいる水道」は、水のトラブルで困った時にすぐに対応していただける会社です。修理だけではなく、設備のリフォーム(トイレ・風呂・洗面台)なども扱っておられますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

2015年3月10日火曜日

水道にまつわる悪質業者のあれこれ

悪徳業者にご注意

水道局を名乗る悪質訪問販売が急増


最近よくある水道にまつわるトラブルといえば水道局を名乗っての訪問販売などの悪質な事件です。住まいの設備の中でもトラブルが起こりやすい水回りを狙った事件であり素人を欺くような悪質な事例が多く通報されています。
例えば上下水道の職員を名乗って、無料の水質検査をしますといきなり自宅を訪問するケースがあります。この場合、検査をした後に、水道水がよくない状況であると危機感を煽って、浄水器の購入をすすめてきます。このような業者は悪質であり、決して浄水器を購入してはいけません。水道局では浄水器の販売などは一切していませんし、依頼がないのに水質検査などの訪問検査を行うこともないのです。水道局を名乗っているので、お年寄りなどの高齢者は騙されやすく高額な浄水器を何個も買わされてしまったという被害者が増えています。少しでもおかしいなと感じたら、身分証明書を提示してもらうように要求してみるとよいでしょう。
このような悪質ケースが増えていますので、検査や点検などを頼んでいない場合には受けないようにしましょう。

夜間の水漏れにもご用心


夜中にトイレの水が止まらなくなった。そんな経験はありませんか?住まいの設備のトラブルの中でも水まわりはいつ起こるかわかりません。特に夜中にこのようにトイレの水が止まらなくなると焦ってしまうのは当然のことでしょう。
夜間に水が止まらなくなった場合、すぐに修理をしなくてはと新聞チラシに入っていた水道工事業者に連絡をしてきてもらったところ、修理代金が非常に高くおかしいと感じた人はいませんか?この業者は指定工事業者でなかった可能性が高く、夜間だからと言って高額な料金を請求してきた典型的なケースになります。緊急出動する、24時間低料金などの広告を入れて、緊急時の焦る人の心理につけこんだ行為とも言えます。夜間の水トラブルでもこの場合は朝までまっていても問題はありません。翌朝、自治体が指定する指定水道工事業者に連絡をしてきてもらうのが一番よいでしょう。新聞のチラシや広告などによくある水道工事会社は指定業者でない可能性が高いので気を付けなければなりません。


課題広告の業者にも注意が必要


最近ではチラシや郵便ポストなどに水道工事の広告が入っているケースが増えています。またタウンページや電話帳の広告などにもおびただしいほどの水道屋さんの広告があります。また大手の水道工事子会社の場合、テレビのコマーシャルなどを行っているところもあるでしょう。このように過度な宣伝や広告を行っている水道工事会社の業者には気を付けて対応した方がよいでしょう。

広告や宣伝費用は莫大なお金がかかります。

水道工事をしたお金で広告代を賄っているとすると、それだけ高く値段を設定していたり、追加工事ばかりさせたりする悪徳なケースが多いのです。大がかりなコマーシャルや広告は人の目につきますし、いざという時にすぐに連絡してしまうかもしれませんが、広告費を稼ぐ回収プロセスを考えるとやはり誇大な広告を行っている水道業者はどうなんでしょうか・・・。住まいの設備の中でも壊れやすい水回りですので安心できる業者で修理を行いたいものです。