365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

日常生活を送っていると、突然に水のトラブルが発生します。洗面所がつまり、水が流れなくなった。子どもがトイレに小さな人形を落としてそのまま流してしまい、トイレがつまってしまった。キッチンの蛇口から水が漏れて止まらない ……。このようなトラブルが発生してしまうと日常生活はストップしてしまいます。そこで修理をお願いしたいと思うが、どこに連絡していいのか、わからなくて困ってしまうことはありませんか。このようなときに頼りになるのが、「住まいる水道」なのです。

「住まいる水道」とは、東京都練馬区に本店を置く「株式会社住まいる設備」の屋号で、水のトラブル対応や各種部品の取付・交換、給排水工事、法人様向けのメンテナンスサービスなどを行っている会社です。水道修理・水漏れ修理、トイレのつまりやシャワーヘッドの交換など、水回りのトラブルにすべて対応していただけます。
利用の仕方は簡単です。まず、トラブルが発生した状況を電話で説明します。トラブルの箇所はどこなのか。キッチンなのか、洗面所なのか。また、つまってしまったのか、水が漏れて止まらないのか。住まいはマンションなのか、一軒家なのか。住所はどこか。これらを説明します。
そうすると、話の内容から修理費の概算と到着時間などが連絡されます。その費用と時間でよければ、修理訪問を依頼しましょう。ほどなく、担当スタッフが到着し、トラブル箇所を確認して緊急を要するときは応急処置がなされます。その後は、状況を確認して原因を判断し、交換必要な部品と作業の手順、作業時間と正確な見積額などの説明となります。疑問や質問があればこの時に聞きましょう。説明内容に納得すれば、作業が開始。修理交換後には、水漏れやつまりなどのトラブルが解消されていることを確認して作業は終了です。

修理には知識と経験の豊かなスタッフが担当します。修理後には再びこのようなトラブルが発生しないよう、予防策についてもアドバイスしていただけますので、安心してお任せすることができます。また、費用も作業前に確認した金額です。知らないうちに請求額が増えていたということは、決してありません。24時間、365日対応で、夜間でもOKです。ただ、夜間の作業で大きな音が出る場合には、ご近所様に配慮し、作業が翌日になることもあります。
もちろん、出張料・見積料は無料。修理した部分については、作業後1年~3年の保証と無料点検などのアフターサービスもついきます。

「住まいる水道」は、水のトラブルで困った時にすぐに対応していただける会社です。修理だけではなく、設備のリフォーム(トイレ・風呂・洗面台)なども扱っておられますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

2015年6月1日月曜日

地震の後に給湯器が機能しなくなった・・・そんな時は


給湯器が止まってシャワーが出ずに困る女性

先日、久々に大きな地震が・・・


 こんにちは住まいる水道のウルウルです。
先日、久々に大きな地震がありましたね。幸いにして、震源が観測史上でも稀なほどに非常に深かったため、マグニチュードの割には被害が拡大しませんでした。

 今日は地震が起きた時によくあるトラブルについてお話します。水道屋さんのブログで地震のトラブルというと水道管の破裂を連想する方も多いと思うのですが、水道管が破裂するのはかなりの大きな地震が起こった時ですので、今回はみなさんの生活に寄り添うという意味で少し違ったお話しをしようと思います。


震度4~5ぐらいの地震になると頻繁に起こってくるのが、「地震の後に家庭用の給湯器が使えなくなった」というトラブル



これは地震による火事やガス漏れなどの防止措置として、各家庭に設置されているガスメーターの安全装置が作動することによって起こります。そんな時はまずご家庭のすべてのガス機器を止めて、それからガスメーターを確認してみてください。

赤のランプが点滅していたら安全装置が作動してガスが止まっているということですので、キャップを外して復帰ボタンを押して三分ほど待ってみてください。ガス漏れなどの異常がなければガスが復旧します。それでもランプが点滅したままでしたら、ガス会社に連絡しましょう。



ガスメーターの写真



地震の後のチェックポイントは?


 地震の後に、ご家庭の中の見えない部分で水漏れしていないかが心配な方は、家庭内のすべての水の使用を止めてから、水道メーターの蓋を開けてパイロット(シルバーの丸い回転コマ)を見てみてください。

パイロットは水が流れているとクルクルと回りますので、回転していなければ水が止まっている・・・すなわち、漏水はないと判断することができます。ただし、一見回転していないようでも、微小な水漏れの場合はすごくゆっくり回りますので、少しの時間じっと見ておく必要があります。

またタンク式のトイレで水を流した場合に、古いタンクだと数分間にわたってゆっくりと水がタンクに入り続ける場合がありますので、漏水と勘違いしないように気を付けてください。この現象があまりにも長く続く場合はタンク内部の部品の不良といえますので、その時は水道屋を呼ぶことをお勧めします。



兄弟ブログ 住まいる水道の日記帳の~関連記事~:


「トイレのタンクからポタポタ音がする」「トイレの床が濡れている」 症状別トイレの水漏れを住まいる水道が説明!