365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

日常生活を送っていると、突然に水のトラブルが発生します。洗面所がつまり、水が流れなくなった。子どもがトイレに小さな人形を落としてそのまま流してしまい、トイレがつまってしまった。キッチンの蛇口から水が漏れて止まらない ……。このようなトラブルが発生してしまうと日常生活はストップしてしまいます。そこで修理をお願いしたいと思うが、どこに連絡していいのか、わからなくて困ってしまうことはありませんか。このようなときに頼りになるのが、「住まいる水道」なのです。

「住まいる水道」とは、東京都練馬区に本店を置く「株式会社住まいる設備」の屋号で、水のトラブル対応や各種部品の取付・交換、給排水工事、法人様向けのメンテナンスサービスなどを行っている会社です。水道修理・水漏れ修理、トイレのつまりやシャワーヘッドの交換など、水回りのトラブルにすべて対応していただけます。
利用の仕方は簡単です。まず、トラブルが発生した状況を電話で説明します。トラブルの箇所はどこなのか。キッチンなのか、洗面所なのか。また、つまってしまったのか、水が漏れて止まらないのか。住まいはマンションなのか、一軒家なのか。住所はどこか。これらを説明します。
そうすると、話の内容から修理費の概算と到着時間などが連絡されます。その費用と時間でよければ、修理訪問を依頼しましょう。ほどなく、担当スタッフが到着し、トラブル箇所を確認して緊急を要するときは応急処置がなされます。その後は、状況を確認して原因を判断し、交換必要な部品と作業の手順、作業時間と正確な見積額などの説明となります。疑問や質問があればこの時に聞きましょう。説明内容に納得すれば、作業が開始。修理交換後には、水漏れやつまりなどのトラブルが解消されていることを確認して作業は終了です。

修理には知識と経験の豊かなスタッフが担当します。修理後には再びこのようなトラブルが発生しないよう、予防策についてもアドバイスしていただけますので、安心してお任せすることができます。また、費用も作業前に確認した金額です。知らないうちに請求額が増えていたということは、決してありません。24時間、365日対応で、夜間でもOKです。ただ、夜間の作業で大きな音が出る場合には、ご近所様に配慮し、作業が翌日になることもあります。
もちろん、出張料・見積料は無料。修理した部分については、作業後1年~3年の保証と無料点検などのアフターサービスもついきます。

「住まいる水道」は、水のトラブルで困った時にすぐに対応していただける会社です。修理だけではなく、設備のリフォーム(トイレ・風呂・洗面台)なども扱っておられますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

2015年5月27日水曜日

夏を向える前に・・・ エアコンの点検ポイント

今年も暑~い夏がやってきます

エアコンのトラブルにご用心!!


こんにちは。五月もいよいよ終わって夏も徐々に近づいてきていますが、既に東京都内では夏日を記録し、今年も暑い夏になりそうな雰囲気ですね。

体調管理ももちろんですが、みなさんのお宅ではもう夏を迎える準備は整っていますでしょうか?


夏といったら必要なのは何と言ってもクーラーなのですが、夏本番を迎えていざ使ってみたらトラブルが起きてしまって使い物にならず、蒸し暑い部屋の中で冷や汗どころか汗だくだく・・・なんてことになってしまうご家庭もちらほらと見受けられます。


ですので皆様には、夏を迎える前の今この時期に、ご自宅や職場の空調機器の点検をしておくことをお勧めします。


「エアコンの点検なんか出来ない!」という方もいるかと思いますが、巷に溢れている「エアコンの手入れ情報」のレベルまでやらなくても、正常に動くかどうか確認をしておくだけでも先ほど挙げたような事態を回避できます。

エアコンのチェックポイント


 とりあえず電源を入れてクーラーを動作させて、吹き出し口から出る風は十分か・冷えているか・カビ臭くないかを確認してみてください。


今年も暑い夏がやってきます
エアコン壊れてるの~っ!?

何かの原因で結露していたり水漏れすることもありますが、運転してすぐに発見できるものではないので、1~2時間ほど運転してみることお勧めします

また、その際に、ドレンホースから水がチョロチョロと出ているかも確認しておくことが大切です。

ここから水が出てない場合、水漏れが起こる可能性があるんです。

家庭用のクーラーであれば大体の場合、ドレンホースはクーラー本体から近くの壁を貫通して、室外機(読んで字の如く、部屋の外に置いてある長方形の、ファンがついた箱です)のすぐ近くに伸びています。

 これらの異常が見つかった場合には、適切な対処が必要になりますので、まずはクーラーの電源を入れて、確認してみましょう。