365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

日常生活を送っていると、突然に水のトラブルが発生します。洗面所がつまり、水が流れなくなった。子どもがトイレに小さな人形を落としてそのまま流してしまい、トイレがつまってしまった。キッチンの蛇口から水が漏れて止まらない ……。このようなトラブルが発生してしまうと日常生活はストップしてしまいます。そこで修理をお願いしたいと思うが、どこに連絡していいのか、わからなくて困ってしまうことはありませんか。このようなときに頼りになるのが、「住まいる水道」なのです。

「住まいる水道」とは、東京都練馬区に本店を置く「株式会社住まいる設備」の屋号で、水のトラブル対応や各種部品の取付・交換、給排水工事、法人様向けのメンテナンスサービスなどを行っている会社です。水道修理・水漏れ修理、トイレのつまりやシャワーヘッドの交換など、水回りのトラブルにすべて対応していただけます。
利用の仕方は簡単です。まず、トラブルが発生した状況を電話で説明します。トラブルの箇所はどこなのか。キッチンなのか、洗面所なのか。また、つまってしまったのか、水が漏れて止まらないのか。住まいはマンションなのか、一軒家なのか。住所はどこか。これらを説明します。
そうすると、話の内容から修理費の概算と到着時間などが連絡されます。その費用と時間でよければ、修理訪問を依頼しましょう。ほどなく、担当スタッフが到着し、トラブル箇所を確認して緊急を要するときは応急処置がなされます。その後は、状況を確認して原因を判断し、交換必要な部品と作業の手順、作業時間と正確な見積額などの説明となります。疑問や質問があればこの時に聞きましょう。説明内容に納得すれば、作業が開始。修理交換後には、水漏れやつまりなどのトラブルが解消されていることを確認して作業は終了です。

修理には知識と経験の豊かなスタッフが担当します。修理後には再びこのようなトラブルが発生しないよう、予防策についてもアドバイスしていただけますので、安心してお任せすることができます。また、費用も作業前に確認した金額です。知らないうちに請求額が増えていたということは、決してありません。24時間、365日対応で、夜間でもOKです。ただ、夜間の作業で大きな音が出る場合には、ご近所様に配慮し、作業が翌日になることもあります。
もちろん、出張料・見積料は無料。修理した部分については、作業後1年~3年の保証と無料点検などのアフターサービスもついきます。

「住まいる水道」は、水のトラブルで困った時にすぐに対応していただける会社です。修理だけではなく、設備のリフォーム(トイレ・風呂・洗面台)なども扱っておられますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

2017年9月20日水曜日

給湯器からの水漏れを放置していると危険|住まいる水道

給湯器は毎日使用するものですから、10年ほど経つと内部の部品が劣化してしまい、さまざまな不具合が出てきます。最初は異変に気づかないような小さなものであっても、お湯がでなくなったり、水漏れが起こるなどさまざまな症状がでてきます。

まだ新しい給湯器ですぐに水漏れがあるような場合は、施工時の整備不良ということが考えられますが、長期間使っている場合は、経年劣化と考えた方がよいでしょう。一般的に給湯器の修理を依頼すると、最低でも5000円はかかってしまいます。部品の交換や給湯器そのものを交換する必要がある場合は、さらに高額な費用がかかりますから、なるべく費用を抑えようと自分で修理をしようと思う人もいるかもしれませんが、給湯器の内部を自分で修理をするのは難しく、誤ってガス管を破損させてしまうと、爆発する可能性もありますから、自分で治そうと思わずに、プロに依頼しましょう。

水漏れに気づかずにそのまま放置してしまうと、不完全燃焼を起こす危険性もありますから、定期的に点検を行うことも大切です。一般的に、耐用年数は10年ほどといわれています。そのため、8年以上使用して水漏れが起こった場合は、修理を行うよりも、交換した方が経済的といえます。

給湯器の水漏れは寿命が原因の場合が多い


給湯器を長期間使い続けていると、さまざまな故障のサインが現れることがあります。中でも水漏れは故障の症状としてよくある例といえます。一般的に給湯器の寿命は、10~15年と言われています。
このくらいの期間が経つと、内部の部品が磨耗したり、基盤の故障などが起こり、水漏れの原因となってしまいます。

通常、給湯器というのは、定期的にメンテナンスを行う機会がありませんから、不具合に気づかずに使い続けてしまい、突然水漏れをしてしまったり、お湯が出なくなるなどの症状が現れてしまいます。
給湯器というのは、自分では修理をすることができませんし、水漏れした状態で使い続けてしまうと、配管が完全に壊れてしまう可能性もありますから、すぐに使用を中止して、業者に連絡する必要があります。

自分で修理しようと思っている人もいるかもしれませんが、ガス給湯器の修理には、国家資格が必要となりますから、必ず資格を持っている業者に依頼するようにしましょう。水が漏れるとすぐに故障するというわけではありませんが、調子が悪いながら使い続けていると、不完全燃焼を引き起こす可能性もあり、大変危険です。そのため、専門の業者に依頼するようにしましょう。 住まいる水道ではお電話でのご相談も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

自分で修理は危険給湯器水漏れの原因究明はプロに依頼|住まいる水道

給湯器が水漏れを起こすのは、経年劣化やメンテナンス不足などがあり、冬場であれば凍結してしまったことによる破損などが原因として考えられ、すぐに修理が必要です。漏れてくる量が少しだと放置して使っている人もいますが、さび付いて状態が悪くなる可能性がありますから、気が付いたらすぐに専門業者に見てもらいましょう。

水漏れは、パッキン交換すれば直るものばかりではありません、部品の交換が必要になった場合、知識がない人が給湯器を分解して修理するのはとても危険です。給湯器はガスや石油、あるいは電気を利用しており、分解したり再組立てするときに間違ったりゆるみがあると不完全燃焼を起こすことがあり危険です。不完全燃焼はとても危険で、室内で起これば一酸化炭素中毒が起きる可能性があります。

プロは経験が豊富であり、どこが悪いのか判断して適切な修理に取り組めます。場合によっては業者ではなくメーカーの修理が必要になる場合もありますが、素人ではその判断を行うことはできません。劣化がひどいときには、分解するだけでも危険です。これからも安心・安全に給湯器を使い続けるために、ちょっとした水漏れであっても専門業者に原因を調べてもらいましょう。

給湯器が水漏れを起こすのは、経年劣化やメンテナンス不足などがあり、冬場であれば凍結してしまったことによる破損などが原因として考えられ、すぐに修理が必要です。漏れてくる量が少しだと放置して使っている人もいますが、さび付いて状態が悪くなる可能性がありますから、気が付いたらすぐに専門業者に見てもらいましょう。

水漏れは、パッキン交換すれば直るものばかりではありません、部品の交換が必要になった場合、知識がない人が給湯器を分解して修理するのはとても危険です。給湯器はガスや石油、あるいは電気を利用しており、分解したり再組立てするときに間違ったりゆるみがあると不完全燃焼を起こすことがあり危険です。不完全燃焼はとても危険で、室内で起これば一酸化炭素中毒が起きる可能性があります。

プロは経験が豊富であり、どこが悪いのか判断して適切な修理に取り組めます。場合によっては業者ではなくメーカーの修理が必要になる場合もありますが、素人ではその判断を行うことはできません。劣化がひどいときには、分解するだけでも危険です。これからも安心・安全に給湯器を使い続けるために、ちょっとした水漏れであっても専門業者に原因を調べてもらいましょう。

給湯器の水漏れは自分で修理するのは危険です。


給湯器の故障で一番多いものが水もれです。中の配管やパッキンが年数とともに劣化してしまうのが原因の場合が多いようです。水もれに気づいても、機能しているからと放置して使い続けるのはとても危険です。水もれが原因で不完全燃焼を起こす危険性も高いため、水もれに気づいた時は、きちんと専門の業者さんに見てもらう必要があります。

不完全燃焼の他にも、電気系統に水が入ってしまった場合などは、ショートして火災などにも繋がるため、早急の対応が大切になります。給湯器の寿命は7年から10年と言われています。毎日使う必要があるため、内部の部品が劣化し、突然水漏れをおこすことも少なくありません。部品の交換で修理だけで済む場合もありますが、多くの場合年数が経っているため、部品が製造されていなかったり、メーカーが商品の製造を中止してしまっているなど、難しいことが多いようです。先のことを考えた場合新しい給湯器に交換した方が、コストが良い場合がほとんどのようです。

給湯器がまだ新しいのに水漏れを起こした場合は、整備不良が考えられるため、設置した業者さんにすぐ報告することで無料で修理が受けられます。給湯の修理は業者さんを頼むと、出張費なども含め5000円以上の経費がかかりますが、もったいないからと自分で修理するのはとても危険なことです。給湯器の内部はとても難しい構造になっているため、必ず専門の業者さんに依頼が必要です。 住まいる水道のスタッフは水回りのプロですので是非お任せ下さい。


給湯器の水漏れは自分で修理するのは危険です。



給湯器の故障で一番多いものが水もれです。中の配管やパッキンが年数とともに劣化してしまうのが原因の場合が多いようです。水もれに気づいても、機能しているからと放置して使い続けるのはとても危険です。水もれが原因で不完全燃焼を起こす危険性も高いため、水もれに気づいた時は、きちんと専門の業者さんに見てもらう必要があります。

不完全燃焼の他にも、電気系統に水が入ってしまった場合などは、ショートして火災などにも繋がるため、早急の対応が大切になります。給湯器の寿命は7年から10年と言われています。毎日使う必要があるため、内部の部品が劣化し、突然水漏れをおこすことも少なくありません。部品の交換で修理だけで済む場合もありますが、多くの場合年数が経っているため、部品が製造されていなかったり、メーカーが商品の製造を中止してしまっているなど、難しいことが多いようです。先のことを考えた場合新しい給湯器に交換した方が、コストが良い場合がほとんどのようです。

給湯器がまだ新しいのに水漏れを起こした場合は、整備不良が考えられるため、設置した業者さんにすぐ報告することで無料で修理が受けられます。給湯の修理は業者さんを頼むと、出張費なども含め5000円以上の経費がかかりますが、もったいないからと自分で修理するのはとても危険なことです。給湯器の内部はとても難しい構造になっているため、必ず専門の業者さんに依頼が必要です。

マンションの水漏れで弁償や修理に保険を使うために|住まいる水道

マンションに居住する人にとって、火災よりはるかに頻度が高いといわれるのは水漏れによる事故です。マンションの築年数が古いものになればおのずとこういった事故への対策が必要になってきます。自分が原因元になる可能性も、そして被害者になる可能性も充分にあります。ある日突然起こるかもしれない事故について、弁償や修理のために保険加入をしておきたいものです。水漏れの場合はまずその原因を調べる事が大切で、それによって対処が違ってきます。

共有部分に原因がある場合はマンションの管理組合に補償をしてもらう必要がありますし、専有部分に原因がある場合では個人賠償責任保険などで被害者に弁償することになります。次に被害にあってしまった場合では、加害者が損害賠償に応じるまでに調査や責任の所在の追及など時間がかかる事があります。この場合加入している火災保険で修理を進めたり示談交渉をしてもらう事ができます。

水漏れが止まったら、濡れて使えなくなったものなどもリストアップする事で補償してもらえる事もありますので、保険会社に契約内容を相談してみましょう。水漏れは誰にでも起こり得る事故だからこそ、対処方法を知り、備えておく事で安心に繋がります。

築年数が長いマンションは水漏れが心配


マンションを所有していたり入居している方にとって水漏れは心配の種です。修理費用だけでなく、被害が他の人にまで広がってしまった場合は賠償責任にまで発展してしまったりすると費用も高額になってきます。特に築年数の長い建物では注意が必要です。

築年数が長くなってくると当然経年劣化による腐食や故障などが増えていきます。例えばよくある例では、排水管にヒビが入り水が漏れる、トイレのつなぎ目のパッキンが腐食して水が漏れる、壁や天井からの雨漏りなどです。分譲マンションの場合、共有部分と入居者の専用部分があり、その故障箇所と原因で責任の所在が違ってきます。その責任の所在をめぐってトラブルになったり、場合によっては裁判に発展したりする場合もあります。

例えば床下配管の場合、位置的には専用部分に位置していても、構造上その部屋の住人では管理できない場合や、原因も経年劣化によるものであれば所有者(貸主)や管理会社の責任になるのが一般的です。

また入居した時の契約でトラブルになることもあります。入居する時にそういった責任の所在も契約書で書面にしてると思いますが、その契約書の書き方によってトラブルになることもあります。まずは問題になる前に水回りの点検をするなど、あらかじめ対策をとっておくと良いでしょう。 わからない事がありましたらお気軽に住まいる水道までご相談下さい。

マンションの階下への水漏れトラブル|住まいる水道

マンション暮らしの方はご存知かもしれませんが、水漏れにより階下へ賠償をしなければならなくなったという話を耳にした事は無いでしょうか?これは実は物凄く多いマンショントラブルなのです。よくあるパターンが洗濯排水のホースが排水口から抜けていたり、詰まりなどにより排水が流れず部屋に溢れ出るというケースです。

部屋が水浸しになるだけではなく、大量に溢れ出た排水は部屋の隙間を伝って階下まで水漏れを起こします。早急に気付ければ良いのですが、なかなか気付かず、住んでいるのが上階であれば下何件にも渡って被害が出る事もあるのです。また、水漏れを防ぐために日頃から水廻りを確認し、修理が必要な箇所は早急に直しておく事が大事です。

賠償金額がとても大きくなってしまうトラブルでもあります。中には、マンションの階下が病院であったり、会社の事務所であったりという所も多く有ります。医療機器やパソコンなどの電気機器は水で濡れれば故障につながります。それらの弁償も含むと億単位の請求になったというパターンも珍しくありません。これらのトラブルを防ぐには普段からの注意だけではどうにも防げない事も多いです。

マンションにお住いの多くの方は火災保険に加入されているかと思われます。もしもの時のためにも保険の加入は大事です。

マンションの水漏れではまず原因個所特定を


マンションで水漏れが発生した場合、まず原因個所を特定する必要があります。蛇口であれば、蛇口から漏れているのか、ボルトのつなぎ目から漏れているのか、ハンドルの下から漏れているのかなどを特定します。トイレであれば、便器に水が流れ続けているのか、それともタンクの中の水が止まらないのか、あるいはパイプから漏れているのか、ウォッシュレットから漏れているのかなどを特定します。

水漏れの原因個所をある程度特定したあとは、修理業者に連絡を入れます。できるだけ状況を詳しく説明してあげると、業者もある程度その状況を理解し、そのための準備をして修理に来ることができます。水漏れが激しいような場合は、いったん止水栓を止めてしまうほうが良いでしょう。

マンションの水漏れの修理費用は、原因個所や状況によって異なります。交換部品が出ますので、その部品代金が費用を左右します。そこに工賃や出張料が加算されます。相場は格安の業者の場合は5000円以内を謳っているところもありますが、8,000円~10,000円程度は相場と考えておくと良いでしょう。賃貸の場合は、基本的に管理会社や家主が費用を負担してくれるので、費用の心配はありません。 住まいる水道では無料でお見積もり、ご相談も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

マンション階下への水漏れ被害と修理|住まいる水道

近ごろでは、居住者の不注意や排水溝の経年劣化などによって、水漏れトラブルに悩みを抱えている人々が増えてきています。特に、多くの人々が暮らしているマンションの浴室やキッキンなどに水が溢れてしまい、マンションの階下の部屋まで水漏れしてしまう恐れもあります。そのような緊急事態にも即座に対応してくれるのが、地域に密着した地元の専門業者なのです。

経験豊富でノウハウを身につけたスタッフが24時間いつでも相談を受け付けていますので、安心して任せられると厚い信頼を得ています。また、水漏れ被害にあってから数時間以内に駆けつけてくれるスピーディーな対処と高度なテクニックは、多くの住民たちの間で感謝されているのです。修理にかかる費用も非常に安く、お手頃な値段で上質なサービスを受けられる点も口コミによる評判が高まっている理由となっています。

このように、マンション階下への水漏れにも柔軟かつ適切に対応してくれるスペシャリストは、非常に心強い味方として真っ先に選ばれているのです。困った時には何でも相談に乗ってくれる親しみやすさも魅力といえます。今後も正確で安全性の高い作業内容で地域全体に貢献していくことになります。住まいる水道では熟練のスタッフが対応致しますのでお気軽にご相談下さい。

マンションの水漏れ。自己負担のケース


アパートやマンションに住んでいると、水漏れのトラブルは重大かつ面倒な問題です。水漏れをした場合の修理費用や場合によっては賠償費用も発生する場合もあり、費用も高額になりがちなのが水漏れトラブルの厄介な所です。その費用をマンションの入居者側の自己負担になるのか、貸主側や管理会社の負担となるのかで木になると思います。時にはトラブルになることもあるので、あらかじめチェックして備えておくと安心です。

費用の負担を誰が負うかは原因と原因箇所となどで決まります。分譲マンションその原因箇所が共用部分と入居者の専用部なのか、経年劣化なのか入居者の故意や間違った使い方をした事故など人為的な過失によるものなのか等です。

例えばトイレからの水漏れの場合ですと、一番多い原因はパッキンの腐食によるものです。長年の使用による経年劣化によるものですが、トイレは入居者の専用部分になります。この場合一般的には専用部分であっても貸主の所有者があらかじめ対策を取らなかったとして入居者に費用を請求はできません。

他にトイレが原因のものとして詰まりが原因のものがあります。入居者が故意や間違って異物をトイレに流して詰まった場合は入居者の人為的な過失ですので入居者の負担になることがほとんどです。

賃貸でも分譲でも、マンションの水漏れは業者に依頼がベスト|住まいる水道

マンションでもアパートでも賃貸物件であれば、元々備えつけられている設備に関してはオーナーの所有物です。なので、勝手に修理をしたり交換する事はできません。しかし、生活していくうえで家は劣化もしますし設備の故障もおきます。そして被害を被るのはそこに住んでいる借主です。そこで交換や修理をオーナーや管理会社にお願いするわけですが、経年劣化がもたらす故障や設備交換の費用は基本的に借主には発生しないのが普通です。それは水漏れでも同じです。

普通に生活している分には、水漏れの原因が借主にある事はそうそうありません。また、水周りというのは、テープを貼って終了という簡単なものではありません。仮に多少の知識があったとしても、自分で修理するのはリスクがあります。完全に直せれば問題ないかもしれませんが、水漏れがひどくなったりすれば下の階に水漏れしてしまう可能性もありますし、自分が手を加えてしまったことにより、修理費用が自腹になる可能性も高くなります。

分譲マンションに関しては室内の故障や交換費用は自己負担という事もあり、自分でなんとかしようとする人もいるかもしれませんが、失敗のリスクに伴う費用を考えれば最初から業者に依頼する方が賢い選択といえるでしょう。

マンションの水漏れトラブル修理の相場と対応方法


マンションでの水道関係のトラブルは決して珍しいことではありません。マンション全体のレベルで見ると、ポンプで水を上の階まで押し上げており、そのポンプが故障するとマンション全体の水道が出なくなってしまうということもあり得ます。

また、一人ひとりの室内においても、水回りのトラブルはよく起こります。水漏れなどは必ず起こるものだと考えていたほうが良いでしょう。ただその多くの場合は、修理不能な致命的な故障ではなく、部品さえ交換すれば大丈夫というケースがほとんどです。

水漏れが発生した場合はすぐに修理しなければなりませんが、賃貸マンションの場合は費用は管理会社やオーナーに負担してもらうことができますので費用の心配はありませんが、購入している場合は自分で費用を負担する必要があります。修理代の相場は業者によって異なりますが、全体としては値下がり傾向にあります。パッキンの交換程度の水漏れであれば8000円前後が相場です。水道管まで交換になると2~3万円になります。

管理会社やオーナーが費用を負担する場合は、修理の前には必ず見積もりをとり、許可を得る必要があります。業者選定に関しては、管理会社やオーナーで行う場合と、住居者が業者を選んでも良い場合があるようですが、よく確認する必要があります。 何か気になる事がありましたらお気軽に住まいる水道までご相談下さい。

トイレの水漏れ修理をせずに放置してしまうと悪化する|住まいる水道

トイレを使用し続けていると劣化などにより故障することもあります。経年劣化によりパッキンの劣化やその他にもさまざまな原因により水漏れをする可能性があるため、気づいた段階で業者に修理を依頼することが大切です。水漏れを放置してしまうと悪化してしまい、トイレ内が水浸しになってしまうこともあるため水漏れがまだ軽微な状況のうちに修理を依頼しましょう。

業者に修理を依頼する場合には、いくつかの業者の中から選ぶことが大切です。比較することで料金の差やサービスの違いを把握することになります。ですが、水漏れ問題を早く解決することも重要なためインターネットで情報をチェックして効率よく情報を集めるといいでしょう。

住んでいる地域に限定して業者を検索することでいくつかの業者がピックアップできます。ホームページを開設している業者に関しては、ホームページをチェックしてみることも大切です。料金やサービス内容などが把握することができるためしっかりとチェックしておきましょう。また、業者に関して口コミ情報や利用者からの評価などがネット上に見つかる場合もあります。業者選びの参考として口コミ情報や評価などもチェックし、納得のいく業者に修理を依頼しましょう。住まいる水道ではお客様に安心、満足してもらえるよう努めておりますので是非お任せ下さい。

トイレ配管の水漏れ修理に関する説明


トイレの配管の水漏れトラブルとは、トイレ内に設置している配管部分から水が漏れ出す現象のことで、個人の家屋や大きな建築物など建物の規模を問わずトイレ設備を設置している場所で発生する問題です。この水漏れの問題が生じた場合、水の作用によりカビや湿気の発生など周辺環境に悪影響を及ぼすことがあるので、問題が生じている場合は早急に必要な修理を行なう必要があります。

水漏れの問題が生じる原因としては、経年劣化や錆の影響により配管に穴が開くなど本来の機能を果たすことが出来ない場合や、接合部のずれの問題の影響により水の流れの制御状態に問題が生じている場合などがあります。

いずれの要因が問題の原因であってとしても、配管に対する修理は専門的な機材の使用や知識が必要になり大掛かりな作業になることがあるので、対策は修理を請け負っている専門の業者に依頼する必要があります。

専門の業者に対策を依頼する時は依頼を行なう前に問題箇所に対してどのような作業を行なうかや、作業時間や費用などを事前に見積もりを行ってもらう方法が効果的です。この方法により業者との意思の疎通を図りやすくなり、効果的な修理を行なってもらう利点を得ることが出来ます。

トイレの水漏れと便器修理に定評のある専門業者|住まいる水道

最近では、部品の劣化や排水溝の詰まりなどが原因となって、さまざまな水のトラブルに見舞われている人々が増えてきています。突然トイレの水が流れっぱなしになることによって、多くの人々がパニックに陥ってしまう可能性もあります。そのような時に頼りになるのが、水漏れや便器修理の実績が豊富な専門業者なのです。

熟練したスキルを持っている職人が、各家庭のトイレのタイプや状態に合わせて最適の手段で対応に当たっています。そのため、効率的に短時間で修理を完了することにつながっているのです。さらに、部品交換やクリーニングなどあらゆる作業をスムーズな流れで行っている点も、業者スタッフに依頼する大きなメリットといえます。早朝から夜間まで24時間365日いつでも受け付けている専門業者は、とにかく心強いパートナーとして地域住民たちの間で親しまれています。

このように、トイレの水漏れから台所、浴室などの部品交換や修理まで幅広く水のトラブルに対応している会社は、いざという時に頼れる存在として、熱狂的な支持と信頼感を寄せられているのです。これからも、その注目度は増していくと見られています。地域に密着した手厚いケアとリーズナブルな料金体系も大きな特徴となっています。何か気になる事がありましたら住まいる水道までご相談下さい。

どこからトイレの水漏れがしているか確認し業者に修理を依頼


夜中にトイレに入り床が水浸しになっていて、驚いた経験をした人もいることでしょう。トイレの床が水浸しになると慌ててしまい、何をすればいいかわからなくなる人もいますが、まずは水栓を閉めでどこから水漏れをしているか確認をすることが大事です。排水管にヒビが入っていることが原因で水漏れがしている場合は、排水管を取り換える必要がありますが、応急処置としてヒビが入っている部分に防水テープを貼っておくといいでしょう。これはあくまでの応急処置なので、できるだけ早めに水道工事の修理業者に依頼することが大事です。

全国には水道工事をする会社は沢山ありますが、急いでいる場合は24時間対応の業者を選ぶといいでしょう。24時間対応の業者ならば、真夜中でも点検にすぐに来てくれるので助かります。深夜だと割り増し料金を取られるんじゃないかと心配する人もいますが、業者の中には深夜でも割り増し料金をとらない所もあるので、費用が心配という人はそういう業者を選ぶといいでしょう。

水道修理業者を選ぶ場合は、利用したことのある口コミや体験談も参考にするといいでしょう。ただし良い口コミや体験談だけを鵜呑みにせず、悪い口コミや体験談もじっくり読んで比較してみると失敗しません。


トイレの水漏れが深刻化する原因|住まいる水道

トイレは長年使用していると、水漏れなどのトラブルが起こってしまいます。特に、パッキンなどの消耗品は、劣化してしまいますから、そこから水漏れを起こすことも少なくありません。目に見える範囲で水が漏れている場合には、原因がわかりやすく簡単に対処することができますが、床から漏れている場合は、便器と床の接合部が原因であったり、床下の排水管が原因などさまざまな原因が考えられますから、素人では修理は難しいといえます。

トイレの床の水漏れを放置してしまうと、カビが生えてしまったり、腐食の原因になってしまし、問題が深刻化してしまいます。もし、マンションなどの集合住宅であれば、階下にまで被害を起こしてしまう可能性もありますから、早急に対策をとることが大切です。

業者に依頼すると、高額な修理費用を請求されるのではないかと思っているかもしれませんが、水漏れを放置してしまうと、水道代も跳ね上がってしまいますし、被害が広がってしまいます。修理の内容にもよりもあすが、修理費用は4000~25000円というのが相場となっていますし、事前にある程度見積もりを聞いておけば、安心です。漏水は、便器の寿命も短くしてしまいますし、家自体の寿命も縮めてしまいますから、定期的にメンテナンスを行いましょう。

床に汚水が流れ出したトイレの水漏れは緊急を要します


トイレは水の流れが悪くなる事もありますし、タンクからの水が止まらなくなってしまうなど何かとトラブルが起こりやすい水回りの一つです。トラブルの中でも緊急度が高いのが、床から汚水が流れてしまう水漏れです。一戸建て住宅などの場合、2階にもトイレを作っているケースが多く、2階からの水漏れは天井からの流れも出て来ますし、マンションなどの集合住宅の場合は階下に住んでいる人は他の家の人なので、すぐに直して貰わないと大変な事態を招いてしまう事になりかねません。

床上に汚水が流れて来る原因は、便器の真下にある排水口に何かしらの異物が詰まっている事が考えられます。状態にもよりますが、便器を一旦取り外すなどの作業が必要になるので専門業者に連絡をして見積もりをお願いしてみましょう。最近は、真夜中でも対応してくれる業者さんがいるので、日頃からこうした業者さんにお願い出来るよう、探しておくと安心です。

対応エリアであれば最短30分など、短い時間で駆けつけてくれてすぐに修理をして貰えるなど、備えあれば憂いなしなど、いざと言う時のために専門業者さんを見つけておきましょう。尚、修理費用については最初に見積もりをお願いする事で後か高額な費用請求が行われないなどのメリットもあります。住まいる水道では無料でお見積もりをさせていたいて頂いておりますので安心してお任せ下さい。


トイレの水漏れ、床から出るが原因不明の時|住まいる水道

トイレの水漏れが行きなり発生する時があります。床から流れてきてしまった場合、何が原因か判明させるべきです。しかし、原因が不明だとどうしようもないです。業者に電話をして、修理を依頼する必要性があります。トイレの修理は専門の業者でなくては対処が難しいですから、悪化を防ぐために迅速に対応してもらうべきです。

業者が自宅に到着するまでの間は、水栓を完全に止める必要があります。放置していても、床から水は流れたままで、水道料金にも大きな負担を与えるのが問題点です。あらかじめ水栓を止めて、業者が来るまで待機して水で濡れた床を清掃しておくと、後はスムーズにことが運びます。

床から水が出てしまう可能性は幾つか指摘出来ます。簡単な話では水道管の破損です。極端な寒さに晒されているとひびが入る可能性はありますが、そのようなトラブルは稀にあります。もう一つは地震による災害です。激しい振動で排水管や水道管に実害を与えて、浸水の原因になるのが厄介です。いずれにせよ、確率的には少ないトラブルとなります。

余談ですが、水道屋に連絡を差し上げて事情を説明すれば、過剰に発生した料金から減額してくれます。その際には修理した証明書が必要です。何か分からに事がありましたら住まいる水道までご相談下さい。

トイレの水漏れを放置するとカビの原因になる


トイレは毎日使用する場所ですから、内部に使用しているパッキンなどが劣化してしまい、水が漏れてしまうなどのトラブルが起こりやすい場所といえます。特に給水パイプの破損や便器と配管との接続部分の不具合、タンクや便秘にヒビが入っているといった場合には、床にまで水漏れが広がってしまうことがあります。

このまま水漏れを放置してしまうと、カビが発生してしまう可能性も高くなってしまいますから、水漏れを発見した時には、早期に修理を依頼する必要があります。トイレの床が濡れてしまった場合、原因を突き止めるために便器をはずす必要がある場合もあります。被害がひどい場合には、便器自体の取り替えが必要となってしまう場合もありますから、専門家に依頼する必要があります。

トイレの水漏れ修理というのは、専門的な知識や技術が必要となりますし、特殊な部品が必要となるケースもありますから、自分で治そうとは思わずに必ず専門家に依頼するようにしましょう。早期に発見できれば、パッキンの交換などですむ場合もありますから、定期的にメンテナンスを行うことも大切です。長期間放置してしまうと、床材が傷んでしまい、高額な費用がかかってしまう場合もありますから、注意しましょう。