365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

日常生活を送っていると、突然に水のトラブルが発生します。洗面所がつまり、水が流れなくなった。子どもがトイレに小さな人形を落としてそのまま流してしまい、トイレがつまってしまった。キッチンの蛇口から水が漏れて止まらない ……。このようなトラブルが発生してしまうと日常生活はストップしてしまいます。そこで修理をお願いしたいと思うが、どこに連絡していいのか、わからなくて困ってしまうことはありませんか。このようなときに頼りになるのが、「住まいる水道」なのです。

「住まいる水道」とは、東京都練馬区に本店を置く「株式会社住まいる設備」の屋号で、水のトラブル対応や各種部品の取付・交換、給排水工事、法人様向けのメンテナンスサービスなどを行っている会社です。水道修理・水漏れ修理、トイレのつまりやシャワーヘッドの交換など、水回りのトラブルにすべて対応していただけます。
利用の仕方は簡単です。まず、トラブルが発生した状況を電話で説明します。トラブルの箇所はどこなのか。キッチンなのか、洗面所なのか。また、つまってしまったのか、水が漏れて止まらないのか。住まいはマンションなのか、一軒家なのか。住所はどこか。これらを説明します。
そうすると、話の内容から修理費の概算と到着時間などが連絡されます。その費用と時間でよければ、修理訪問を依頼しましょう。ほどなく、担当スタッフが到着し、トラブル箇所を確認して緊急を要するときは応急処置がなされます。その後は、状況を確認して原因を判断し、交換必要な部品と作業の手順、作業時間と正確な見積額などの説明となります。疑問や質問があればこの時に聞きましょう。説明内容に納得すれば、作業が開始。修理交換後には、水漏れやつまりなどのトラブルが解消されていることを確認して作業は終了です。

修理には知識と経験の豊かなスタッフが担当します。修理後には再びこのようなトラブルが発生しないよう、予防策についてもアドバイスしていただけますので、安心してお任せすることができます。また、費用も作業前に確認した金額です。知らないうちに請求額が増えていたということは、決してありません。24時間、365日対応で、夜間でもOKです。ただ、夜間の作業で大きな音が出る場合には、ご近所様に配慮し、作業が翌日になることもあります。
もちろん、出張料・見積料は無料。修理した部分については、作業後1年~3年の保証と無料点検などのアフターサービスもついきます。

「住まいる水道」は、水のトラブルで困った時にすぐに対応していただける会社です。修理だけではなく、設備のリフォーム(トイレ・風呂・洗面台)なども扱っておられますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

2017年9月20日水曜日

トイレの水漏れ、床から出るが原因不明の時|住まいる水道

トイレの水漏れが行きなり発生する時があります。床から流れてきてしまった場合、何が原因か判明させるべきです。しかし、原因が不明だとどうしようもないです。業者に電話をして、修理を依頼する必要性があります。トイレの修理は専門の業者でなくては対処が難しいですから、悪化を防ぐために迅速に対応してもらうべきです。

業者が自宅に到着するまでの間は、水栓を完全に止める必要があります。放置していても、床から水は流れたままで、水道料金にも大きな負担を与えるのが問題点です。あらかじめ水栓を止めて、業者が来るまで待機して水で濡れた床を清掃しておくと、後はスムーズにことが運びます。

床から水が出てしまう可能性は幾つか指摘出来ます。簡単な話では水道管の破損です。極端な寒さに晒されているとひびが入る可能性はありますが、そのようなトラブルは稀にあります。もう一つは地震による災害です。激しい振動で排水管や水道管に実害を与えて、浸水の原因になるのが厄介です。いずれにせよ、確率的には少ないトラブルとなります。

余談ですが、水道屋に連絡を差し上げて事情を説明すれば、過剰に発生した料金から減額してくれます。その際には修理した証明書が必要です。何か分からに事がありましたら住まいる水道までご相談下さい。

トイレの水漏れを放置するとカビの原因になる


トイレは毎日使用する場所ですから、内部に使用しているパッキンなどが劣化してしまい、水が漏れてしまうなどのトラブルが起こりやすい場所といえます。特に給水パイプの破損や便器と配管との接続部分の不具合、タンクや便秘にヒビが入っているといった場合には、床にまで水漏れが広がってしまうことがあります。

このまま水漏れを放置してしまうと、カビが発生してしまう可能性も高くなってしまいますから、水漏れを発見した時には、早期に修理を依頼する必要があります。トイレの床が濡れてしまった場合、原因を突き止めるために便器をはずす必要がある場合もあります。被害がひどい場合には、便器自体の取り替えが必要となってしまう場合もありますから、専門家に依頼する必要があります。

トイレの水漏れ修理というのは、専門的な知識や技術が必要となりますし、特殊な部品が必要となるケースもありますから、自分で治そうとは思わずに必ず専門家に依頼するようにしましょう。早期に発見できれば、パッキンの交換などですむ場合もありますから、定期的にメンテナンスを行うことも大切です。長期間放置してしまうと、床材が傷んでしまい、高額な費用がかかってしまう場合もありますから、注意しましょう。