365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

日常生活を送っていると、突然に水のトラブルが発生します。洗面所がつまり、水が流れなくなった。子どもがトイレに小さな人形を落としてそのまま流してしまい、トイレがつまってしまった。キッチンの蛇口から水が漏れて止まらない ……。このようなトラブルが発生してしまうと日常生活はストップしてしまいます。そこで修理をお願いしたいと思うが、どこに連絡していいのか、わからなくて困ってしまうことはありませんか。このようなときに頼りになるのが、「住まいる水道」なのです。

「住まいる水道」とは、東京都練馬区に本店を置く「株式会社住まいる設備」の屋号で、水のトラブル対応や各種部品の取付・交換、給排水工事、法人様向けのメンテナンスサービスなどを行っている会社です。水道修理・水漏れ修理、トイレのつまりやシャワーヘッドの交換など、水回りのトラブルにすべて対応していただけます。
利用の仕方は簡単です。まず、トラブルが発生した状況を電話で説明します。トラブルの箇所はどこなのか。キッチンなのか、洗面所なのか。また、つまってしまったのか、水が漏れて止まらないのか。住まいはマンションなのか、一軒家なのか。住所はどこか。これらを説明します。
そうすると、話の内容から修理費の概算と到着時間などが連絡されます。その費用と時間でよければ、修理訪問を依頼しましょう。ほどなく、担当スタッフが到着し、トラブル箇所を確認して緊急を要するときは応急処置がなされます。その後は、状況を確認して原因を判断し、交換必要な部品と作業の手順、作業時間と正確な見積額などの説明となります。疑問や質問があればこの時に聞きましょう。説明内容に納得すれば、作業が開始。修理交換後には、水漏れやつまりなどのトラブルが解消されていることを確認して作業は終了です。

修理には知識と経験の豊かなスタッフが担当します。修理後には再びこのようなトラブルが発生しないよう、予防策についてもアドバイスしていただけますので、安心してお任せすることができます。また、費用も作業前に確認した金額です。知らないうちに請求額が増えていたということは、決してありません。24時間、365日対応で、夜間でもOKです。ただ、夜間の作業で大きな音が出る場合には、ご近所様に配慮し、作業が翌日になることもあります。
もちろん、出張料・見積料は無料。修理した部分については、作業後1年~3年の保証と無料点検などのアフターサービスもついきます。

「住まいる水道」は、水のトラブルで困った時にすぐに対応していただける会社です。修理だけではなく、設備のリフォーム(トイレ・風呂・洗面台)なども扱っておられますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

2017年9月20日水曜日

自分で修理は危険給湯器水漏れの原因究明はプロに依頼|住まいる水道

給湯器が水漏れを起こすのは、経年劣化やメンテナンス不足などがあり、冬場であれば凍結してしまったことによる破損などが原因として考えられ、すぐに修理が必要です。漏れてくる量が少しだと放置して使っている人もいますが、さび付いて状態が悪くなる可能性がありますから、気が付いたらすぐに専門業者に見てもらいましょう。

水漏れは、パッキン交換すれば直るものばかりではありません、部品の交換が必要になった場合、知識がない人が給湯器を分解して修理するのはとても危険です。給湯器はガスや石油、あるいは電気を利用しており、分解したり再組立てするときに間違ったりゆるみがあると不完全燃焼を起こすことがあり危険です。不完全燃焼はとても危険で、室内で起これば一酸化炭素中毒が起きる可能性があります。

プロは経験が豊富であり、どこが悪いのか判断して適切な修理に取り組めます。場合によっては業者ではなくメーカーの修理が必要になる場合もありますが、素人ではその判断を行うことはできません。劣化がひどいときには、分解するだけでも危険です。これからも安心・安全に給湯器を使い続けるために、ちょっとした水漏れであっても専門業者に原因を調べてもらいましょう。

給湯器が水漏れを起こすのは、経年劣化やメンテナンス不足などがあり、冬場であれば凍結してしまったことによる破損などが原因として考えられ、すぐに修理が必要です。漏れてくる量が少しだと放置して使っている人もいますが、さび付いて状態が悪くなる可能性がありますから、気が付いたらすぐに専門業者に見てもらいましょう。

水漏れは、パッキン交換すれば直るものばかりではありません、部品の交換が必要になった場合、知識がない人が給湯器を分解して修理するのはとても危険です。給湯器はガスや石油、あるいは電気を利用しており、分解したり再組立てするときに間違ったりゆるみがあると不完全燃焼を起こすことがあり危険です。不完全燃焼はとても危険で、室内で起これば一酸化炭素中毒が起きる可能性があります。

プロは経験が豊富であり、どこが悪いのか判断して適切な修理に取り組めます。場合によっては業者ではなくメーカーの修理が必要になる場合もありますが、素人ではその判断を行うことはできません。劣化がひどいときには、分解するだけでも危険です。これからも安心・安全に給湯器を使い続けるために、ちょっとした水漏れであっても専門業者に原因を調べてもらいましょう。

給湯器の水漏れは自分で修理するのは危険です。


給湯器の故障で一番多いものが水もれです。中の配管やパッキンが年数とともに劣化してしまうのが原因の場合が多いようです。水もれに気づいても、機能しているからと放置して使い続けるのはとても危険です。水もれが原因で不完全燃焼を起こす危険性も高いため、水もれに気づいた時は、きちんと専門の業者さんに見てもらう必要があります。

不完全燃焼の他にも、電気系統に水が入ってしまった場合などは、ショートして火災などにも繋がるため、早急の対応が大切になります。給湯器の寿命は7年から10年と言われています。毎日使う必要があるため、内部の部品が劣化し、突然水漏れをおこすことも少なくありません。部品の交換で修理だけで済む場合もありますが、多くの場合年数が経っているため、部品が製造されていなかったり、メーカーが商品の製造を中止してしまっているなど、難しいことが多いようです。先のことを考えた場合新しい給湯器に交換した方が、コストが良い場合がほとんどのようです。

給湯器がまだ新しいのに水漏れを起こした場合は、整備不良が考えられるため、設置した業者さんにすぐ報告することで無料で修理が受けられます。給湯の修理は業者さんを頼むと、出張費なども含め5000円以上の経費がかかりますが、もったいないからと自分で修理するのはとても危険なことです。給湯器の内部はとても難しい構造になっているため、必ず専門の業者さんに依頼が必要です。 住まいる水道のスタッフは水回りのプロですので是非お任せ下さい。


給湯器の水漏れは自分で修理するのは危険です。



給湯器の故障で一番多いものが水もれです。中の配管やパッキンが年数とともに劣化してしまうのが原因の場合が多いようです。水もれに気づいても、機能しているからと放置して使い続けるのはとても危険です。水もれが原因で不完全燃焼を起こす危険性も高いため、水もれに気づいた時は、きちんと専門の業者さんに見てもらう必要があります。

不完全燃焼の他にも、電気系統に水が入ってしまった場合などは、ショートして火災などにも繋がるため、早急の対応が大切になります。給湯器の寿命は7年から10年と言われています。毎日使う必要があるため、内部の部品が劣化し、突然水漏れをおこすことも少なくありません。部品の交換で修理だけで済む場合もありますが、多くの場合年数が経っているため、部品が製造されていなかったり、メーカーが商品の製造を中止してしまっているなど、難しいことが多いようです。先のことを考えた場合新しい給湯器に交換した方が、コストが良い場合がほとんどのようです。

給湯器がまだ新しいのに水漏れを起こした場合は、整備不良が考えられるため、設置した業者さんにすぐ報告することで無料で修理が受けられます。給湯の修理は業者さんを頼むと、出張費なども含め5000円以上の経費がかかりますが、もったいないからと自分で修理するのはとても危険なことです。給湯器の内部はとても難しい構造になっているため、必ず専門の業者さんに依頼が必要です。