365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

日常生活を送っていると、突然に水のトラブルが発生します。洗面所がつまり、水が流れなくなった。子どもがトイレに小さな人形を落としてそのまま流してしまい、トイレがつまってしまった。キッチンの蛇口から水が漏れて止まらない ……。このようなトラブルが発生してしまうと日常生活はストップしてしまいます。そこで修理をお願いしたいと思うが、どこに連絡していいのか、わからなくて困ってしまうことはありませんか。このようなときに頼りになるのが、「住まいる水道」なのです。

「住まいる水道」とは、東京都練馬区に本店を置く「株式会社住まいる設備」の屋号で、水のトラブル対応や各種部品の取付・交換、給排水工事、法人様向けのメンテナンスサービスなどを行っている会社です。水道修理・水漏れ修理、トイレのつまりやシャワーヘッドの交換など、水回りのトラブルにすべて対応していただけます。
利用の仕方は簡単です。まず、トラブルが発生した状況を電話で説明します。トラブルの箇所はどこなのか。キッチンなのか、洗面所なのか。また、つまってしまったのか、水が漏れて止まらないのか。住まいはマンションなのか、一軒家なのか。住所はどこか。これらを説明します。
そうすると、話の内容から修理費の概算と到着時間などが連絡されます。その費用と時間でよければ、修理訪問を依頼しましょう。ほどなく、担当スタッフが到着し、トラブル箇所を確認して緊急を要するときは応急処置がなされます。その後は、状況を確認して原因を判断し、交換必要な部品と作業の手順、作業時間と正確な見積額などの説明となります。疑問や質問があればこの時に聞きましょう。説明内容に納得すれば、作業が開始。修理交換後には、水漏れやつまりなどのトラブルが解消されていることを確認して作業は終了です。

修理には知識と経験の豊かなスタッフが担当します。修理後には再びこのようなトラブルが発生しないよう、予防策についてもアドバイスしていただけますので、安心してお任せすることができます。また、費用も作業前に確認した金額です。知らないうちに請求額が増えていたということは、決してありません。24時間、365日対応で、夜間でもOKです。ただ、夜間の作業で大きな音が出る場合には、ご近所様に配慮し、作業が翌日になることもあります。
もちろん、出張料・見積料は無料。修理した部分については、作業後1年~3年の保証と無料点検などのアフターサービスもついきます。

「住まいる水道」は、水のトラブルで困った時にすぐに対応していただける会社です。修理だけではなく、設備のリフォーム(トイレ・風呂・洗面台)なども扱っておられますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

2014年5月16日金曜日

賃貸では勝手な水道工事のリフォームは厳禁!?

水道工事で、キッチンの蛇口などの簡単なパッキン交換になる場合は良いですが、賃貸マンションで『本体交換』となると問題が大きくなることがあります。

部屋の仕様が大きく変わってしまうような、水道工事は賃貸マンションに住んでいると勝手には出来ないので、覚えておきましょう。

一番わかりやすい例でいうと、和式トイレを洋式トイレに変えたくても、賃貸の場合は、いくら自分のお金だからと言っても、勝手にリフォームをしてはいけないのです。

トイレの便器も、指定をされた物以外に変更する場合は、絶対に管理会社を通して、オーナーの許可が要ります。

長く暮らしていると、自分がその部屋の主だと思い、色々と手を加えたくなってしまいますが、賃貸の場合は、そう簡単には変えてはいけません。

これを知らずに、勝手に何でもかんでもリフォームをしてしまうと、オーナーや管理会社と大揉めすることになってしまいます。

賃貸では絶対に、水道工事のリフォームを依頼する前に、確認をしましょう。

関連:住まいる水道で便器を交換する際の料金等


自分でトライできる範囲はどこまで?

自分で工事をするイメージ


水道の配管工事をする時に、節約をするために、自分で施工をしようとする人がいます。
現在、ホームセンターの道具や工具を揃えれば知識のある人ならば、それなりに施工が出来る場合もあります。

しかし、知識のない素人が見よう見まねで配管工事を行った結果、漏水トラブルなどに見舞われるケースも多数あります。

そして、配管の水道工事については、基本的には水道局の指定した水道工事業者が施工をするのが一番ですので、個人で勝手にやることは好ましくない状況です。

万が一自分の行った工事や修理の結果、周りの人にまでトラブルが発生した場合、損害賠償の問題にも発展しかねませんので、自分自身が不利な状況になります。

自分で修理をしても良いのは、やはり部品交換までだと思います。

それ以上の難しい施術に関しては、やはり知識のあるプロの業者に任せるのが間違いありません。

水道法で指定業者のみが行うとされている部分をやってしまうと、取り返しがつかなくなるので止めましょう。