365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

日常生活を送っていると、突然に水のトラブルが発生します。洗面所がつまり、水が流れなくなった。子どもがトイレに小さな人形を落としてそのまま流してしまい、トイレがつまってしまった。キッチンの蛇口から水が漏れて止まらない ……。このようなトラブルが発生してしまうと日常生活はストップしてしまいます。そこで修理をお願いしたいと思うが、どこに連絡していいのか、わからなくて困ってしまうことはありませんか。このようなときに頼りになるのが、「住まいる水道」なのです。

「住まいる水道」とは、東京都練馬区に本店を置く「株式会社住まいる設備」の屋号で、水のトラブル対応や各種部品の取付・交換、給排水工事、法人様向けのメンテナンスサービスなどを行っている会社です。水道修理・水漏れ修理、トイレのつまりやシャワーヘッドの交換など、水回りのトラブルにすべて対応していただけます。
利用の仕方は簡単です。まず、トラブルが発生した状況を電話で説明します。トラブルの箇所はどこなのか。キッチンなのか、洗面所なのか。また、つまってしまったのか、水が漏れて止まらないのか。住まいはマンションなのか、一軒家なのか。住所はどこか。これらを説明します。
そうすると、話の内容から修理費の概算と到着時間などが連絡されます。その費用と時間でよければ、修理訪問を依頼しましょう。ほどなく、担当スタッフが到着し、トラブル箇所を確認して緊急を要するときは応急処置がなされます。その後は、状況を確認して原因を判断し、交換必要な部品と作業の手順、作業時間と正確な見積額などの説明となります。疑問や質問があればこの時に聞きましょう。説明内容に納得すれば、作業が開始。修理交換後には、水漏れやつまりなどのトラブルが解消されていることを確認して作業は終了です。

修理には知識と経験の豊かなスタッフが担当します。修理後には再びこのようなトラブルが発生しないよう、予防策についてもアドバイスしていただけますので、安心してお任せすることができます。また、費用も作業前に確認した金額です。知らないうちに請求額が増えていたということは、決してありません。24時間、365日対応で、夜間でもOKです。ただ、夜間の作業で大きな音が出る場合には、ご近所様に配慮し、作業が翌日になることもあります。
もちろん、出張料・見積料は無料。修理した部分については、作業後1年~3年の保証と無料点検などのアフターサービスもついきます。

「住まいる水道」は、水のトラブルで困った時にすぐに対応していただける会社です。修理だけではなく、設備のリフォーム(トイレ・風呂・洗面台)なども扱っておられますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

2014年5月29日木曜日

キッチンで流してはいけない物

キッチンで調理する夫婦

キッチンの排水口が度々詰まったり、匂いが気になる場合、多くの場合は、ゴミ(端野菜)の流し過ぎが原因です


排水口のお掃除をしている時に、端野菜などのゴミを、「ちょっとだからいいや」と流していると、排水管が詰まりやすくなってしまったり、臭いの原因になるのでよくありません。

排水口の受け皿の部分に、不要になったストッキングを切ってセットしておくと、非常に細かいゴミまでもキャッチしてくれます。掃除も取りはずだけで良いので、非常に簡単です。
こうして日頃からしっかりとゴミを処理していれば、水道工事を呼ばなくても済みます。ごみをちょっとだからと流している人は、まずはこまめにゴミを捨てない癖をつけましょう。

排水口の受け皿にゴミがたまってしまった場合は、三角コーナーのゴミ捨てにこまめに捨てるようにしましょう。


油の廃棄方法にも注意が必要


これまで自分で自炊などをしたことがない人が、初めてキッチンで自炊をすると、
知識のなさからとんでもなことを平気でしてしまったりします。

キッチン関係のトラブルで、水道工事を利用する人には多い話です。

例えば使用済みの油!

揚げ物などで、使用済みの油は、大体の場合、凝固剤で固めてから処理をしますよね?ところが、これまであんまり料理をしたことが無かった人だと、平気で油をキッチンの排水口に流してしまう人が稀にいます。
この習慣が続けば、いつかは排水管の詰まりを引き起こす可能性があるため、絶対にやめる必要があります。

天ぷらを揚げるイメージ画像


水道工事をお願いすれば詰まりは簡単に解消しますが、悪習を改善しないと、何度でもこういう問題は起こります。油は水道水を汚す原因になるだけではなく、排水管の詰まりも助長します。

揚げ物の油は、市販の凝固剤や専用の処理アイテムを使って家庭ごみで処分するようにしましょう。


少量の油でも、キッチンペーパーによる処理を


また最近、食用油の値段が高騰しているので、揚げ物の油が勿体ないと、フライパンで『揚げ焼き』をする人が意外に多いですよね。

でも、みなさんは、その油ってどうしていますか?

揚げ物ほど、油の量が多くなく、凝固剤を使用するほどでもない。
でも、通常の炒め物よりも、確実に油の量は多いのです。

キッチンの排水管を詰まらして水道工事にお世話になりたくないのであれば、正解はキッチンペーパーなどで油をふき取って捨てることです。

「小量だから大丈夫でしょ」はNGです。
少量の油を流す癖がついてしまうと、結果的に、年間でとんでもない量の油を
キッチンの排水口に流していることになってしまいます。

揚げ焼きをしたとしても、油は油!
キッチンの排水口に気軽に流して良い物ではありません。

1回だけでは詰まらないかもしれませんが、常習化していくことで、水道工事にお世話になる可能性が高くなります。
繰り返しになりますが、油の廃棄は排水管のトラブルの元ですので、「小量だから」と言って流すのはやめましょう。
住まいる水道のイメージもし水道工事が必要になったならば、住まいる水道までご連絡を!