365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

日常生活を送っていると、突然に水のトラブルが発生します。洗面所がつまり、水が流れなくなった。子どもがトイレに小さな人形を落としてそのまま流してしまい、トイレがつまってしまった。キッチンの蛇口から水が漏れて止まらない ……。このようなトラブルが発生してしまうと日常生活はストップしてしまいます。そこで修理をお願いしたいと思うが、どこに連絡していいのか、わからなくて困ってしまうことはありませんか。このようなときに頼りになるのが、「住まいる水道」なのです。

「住まいる水道」とは、東京都練馬区に本店を置く「株式会社住まいる設備」の屋号で、水のトラブル対応や各種部品の取付・交換、給排水工事、法人様向けのメンテナンスサービスなどを行っている会社です。水道修理・水漏れ修理、トイレのつまりやシャワーヘッドの交換など、水回りのトラブルにすべて対応していただけます。
利用の仕方は簡単です。まず、トラブルが発生した状況を電話で説明します。トラブルの箇所はどこなのか。キッチンなのか、洗面所なのか。また、つまってしまったのか、水が漏れて止まらないのか。住まいはマンションなのか、一軒家なのか。住所はどこか。これらを説明します。
そうすると、話の内容から修理費の概算と到着時間などが連絡されます。その費用と時間でよければ、修理訪問を依頼しましょう。ほどなく、担当スタッフが到着し、トラブル箇所を確認して緊急を要するときは応急処置がなされます。その後は、状況を確認して原因を判断し、交換必要な部品と作業の手順、作業時間と正確な見積額などの説明となります。疑問や質問があればこの時に聞きましょう。説明内容に納得すれば、作業が開始。修理交換後には、水漏れやつまりなどのトラブルが解消されていることを確認して作業は終了です。

修理には知識と経験の豊かなスタッフが担当します。修理後には再びこのようなトラブルが発生しないよう、予防策についてもアドバイスしていただけますので、安心してお任せすることができます。また、費用も作業前に確認した金額です。知らないうちに請求額が増えていたということは、決してありません。24時間、365日対応で、夜間でもOKです。ただ、夜間の作業で大きな音が出る場合には、ご近所様に配慮し、作業が翌日になることもあります。
もちろん、出張料・見積料は無料。修理した部分については、作業後1年~3年の保証と無料点検などのアフターサービスもついきます。

「住まいる水道」は、水のトラブルで困った時にすぐに対応していただける会社です。修理だけではなく、設備のリフォーム(トイレ・風呂・洗面台)なども扱っておられますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

2017年6月23日金曜日

風呂場の蛇口の水漏れを業者に依頼するメリットとデメリットとは|住まいる水道

風呂場の蛇口の水漏れを業者に依頼すると、家族と作業している所を見られる、お風呂が元通りになるなどのメリットがあります。家の中で業者が何かをしている光景は滅多にないことなので、家族とその場面を見学するのも悪くないです。

小さな子供がいた際は、一緒に眺めると後々良い結果を与えるきっかけになる場合があります。ただ、溶接をしている際は近寄り過ぎると危ないので、やや遠くから見ましょう。その場で見た光景の話は雑談のネタに最適なため、居間に戻って家族と色々な話をするといいです。家族関係の強化と同時に、今後のより良い関係維持にも効果的です。

また、業者の作業が終了すると、風呂場を普通に使えるようになります。お風呂場が使えないと銭湯か温泉施設へ通う必要があるため、直った時は大喜びすると思われます。デメリットは費用が必要になる、焦げ臭いような匂いがするなどです。費用は結構かかりますが、風呂場が使えないと生活に不便なので費用は気にしなくても大丈夫です。また、業者が溶接をした際は室内に焦げ臭い匂いがするはずです。換気扇を回したり、窓を開けて新鮮な空気を入れれば匂いは消えます。

自分でできる水道蛇口からの水漏れ修理


どこの家庭でも使用されている水道の内部は多くの消耗部品で構成されており、約15年から20年ほどで内部のパッキン等に劣化が発生してくるようになります。劣化が進みますとハンドルを閉じていても蛇口や蛇口以外の箇所で水漏れが発生するようになります。その際、修理が必要になりますが業者に依頼せずとも、自分で比較的簡単に修理作業を行う事ができます。

まず第一は水道のタイプの確認です。ハンドル型(握って左右に回すタイプ)かレバー形になります。次に単水か混合かです。お湯、水の2つのハンドルがついていれば混合です。タイプの次は型式です。メーカー名と型式が必要です。多くの場合、メーカー名と形式が表示されたシールが貼ってあります。

次に水が落ちているポイントの確認です。漏れている箇所によりパッキンが違ってきます。蛇口からの場合ですと、ほとんどがコマと呼ばれる内部パッキンの劣化です。ハンドル部からの漏れですとハンドルパッキンです。交換の際は1ケ所のパッキンを交換されるよりも、まとめて交換されておかれる事をおすすめします。パッキンはホームセンターなどで数百円で販売されています。必ず適応した種類を選ぶ必要があります。

交換にはドライバー、プライヤーペンチなどが必要です。作業の詳細はインターネットなどで簡単に調べる事ができますので、参考にされれば作業が比較的スムーズになります。必ず元栓を締めて作業する事もポイントです。 やってみて難しいようでしたら住まいる水道までご相談下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿