365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

日常生活を送っていると、突然に水のトラブルが発生します。洗面所がつまり、水が流れなくなった。子どもがトイレに小さな人形を落としてそのまま流してしまい、トイレがつまってしまった。キッチンの蛇口から水が漏れて止まらない ……。このようなトラブルが発生してしまうと日常生活はストップしてしまいます。そこで修理をお願いしたいと思うが、どこに連絡していいのか、わからなくて困ってしまうことはありませんか。このようなときに頼りになるのが、「住まいる水道」なのです。

「住まいる水道」とは、東京都練馬区に本店を置く「株式会社住まいる設備」の屋号で、水のトラブル対応や各種部品の取付・交換、給排水工事、法人様向けのメンテナンスサービスなどを行っている会社です。水道修理・水漏れ修理、トイレのつまりやシャワーヘッドの交換など、水回りのトラブルにすべて対応していただけます。
利用の仕方は簡単です。まず、トラブルが発生した状況を電話で説明します。トラブルの箇所はどこなのか。キッチンなのか、洗面所なのか。また、つまってしまったのか、水が漏れて止まらないのか。住まいはマンションなのか、一軒家なのか。住所はどこか。これらを説明します。
そうすると、話の内容から修理費の概算と到着時間などが連絡されます。その費用と時間でよければ、修理訪問を依頼しましょう。ほどなく、担当スタッフが到着し、トラブル箇所を確認して緊急を要するときは応急処置がなされます。その後は、状況を確認して原因を判断し、交換必要な部品と作業の手順、作業時間と正確な見積額などの説明となります。疑問や質問があればこの時に聞きましょう。説明内容に納得すれば、作業が開始。修理交換後には、水漏れやつまりなどのトラブルが解消されていることを確認して作業は終了です。

修理には知識と経験の豊かなスタッフが担当します。修理後には再びこのようなトラブルが発生しないよう、予防策についてもアドバイスしていただけますので、安心してお任せすることができます。また、費用も作業前に確認した金額です。知らないうちに請求額が増えていたということは、決してありません。24時間、365日対応で、夜間でもOKです。ただ、夜間の作業で大きな音が出る場合には、ご近所様に配慮し、作業が翌日になることもあります。
もちろん、出張料・見積料は無料。修理した部分については、作業後1年~3年の保証と無料点検などのアフターサービスもついきます。

「住まいる水道」は、水のトラブルで困った時にすぐに対応していただける会社です。修理だけではなく、設備のリフォーム(トイレ・風呂・洗面台)なども扱っておられますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

2017年6月23日金曜日

トイレの水漏れトラブルは早めに修理を依頼しましょう|住まいる水道

毎日使うトイレに水漏れのトラブルが生じた場合には、たとえ深夜や早朝であってもすぐに修理依頼を出すことが大事なのだと想像しておくといいでしょう。便器や水道管などトイレのどの箇所が故障していたとしても、放置しておくと更に酷い水漏れを引き起こし最終的にはトイレがまったく使えなくなってしまう可能性があるからです。

一戸建て住宅やマンションの個室など、自宅まで出張でトイレの修理に赴いてくれるといった専門業者は日本中に存在しています、深夜や早朝でも来てくれる24時間営業の業者も非常に多いので、時間帯を気にせず近場の業者を呼ぶように心掛けてみてください。ちなみに深夜や早朝でも時間外費用が上乗せわれる業者は少なくなっています。夜の10時以降に来てもらったからといって追加料金が必要になるケースは極めて稀なのだとも認識しておいて構わないでしょう。

故障の状態にもよりますが、早ければ1時間とかからず修理が完了する場合が多くなっていますので、修理の立会いのために1日を潰すような事態の心配は無用だと言えます。どのような故障にも対応できるよう、十分な準備を整えた上で出張に来てくれる業者ばかりですので安心してください。住まいる水道のスタッフは熟練のスタッフです。是非お任せ下さい。

風呂の水漏れ補修方法について


築年数が古いアパートや住宅の場合、ステンレス製の風呂桶にお湯をためて入る形式が多いです。そのため、毎日水が付着している状態のため、浴槽が劣化や腐食しやすい状態になっております。浴槽が劣化し腐食した場合穴が開いてしまいそこから水漏れの原因になります。穴が開いている場合、いくらお湯をためても浴槽にたまらないため水道代が多くかかってしまいます。それでは、金銭的に影響が出てしまうため浴槽内を補修する必要があります。

ステンレス製の浴槽の場合、穴が開いた部分にはステンレス製のパテを塗布します。パテを完全に硬化させ表面が平らになるまで、ペーパーで研磨します。しかし、一時的な応急処置のため浴槽を新しく交換することも検討する必要があります。ユニットバスのような樹脂製の浴室は、壁と壁とのつなぎ目のシーリングが切れたことによる水漏れが多いです。

シーリングが劣化した場合、その劣化したシーリングを除去して接着性を向上させるプライマーと呼ばれる溶剤を塗布してから、新たにシーリングを打設します。自分自身が使用しているお風呂がどのようなタイプによってメンテナンス方法が違うため、そのお風呂に合った方法で行って欲しいです。