365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

日常生活を送っていると、突然に水のトラブルが発生します。洗面所がつまり、水が流れなくなった。子どもがトイレに小さな人形を落としてそのまま流してしまい、トイレがつまってしまった。キッチンの蛇口から水が漏れて止まらない ……。このようなトラブルが発生してしまうと日常生活はストップしてしまいます。そこで修理をお願いしたいと思うが、どこに連絡していいのか、わからなくて困ってしまうことはありませんか。このようなときに頼りになるのが、「住まいる水道」なのです。

「住まいる水道」とは、東京都練馬区に本店を置く「株式会社住まいる設備」の屋号で、水のトラブル対応や各種部品の取付・交換、給排水工事、法人様向けのメンテナンスサービスなどを行っている会社です。水道修理・水漏れ修理、トイレのつまりやシャワーヘッドの交換など、水回りのトラブルにすべて対応していただけます。
利用の仕方は簡単です。まず、トラブルが発生した状況を電話で説明します。トラブルの箇所はどこなのか。キッチンなのか、洗面所なのか。また、つまってしまったのか、水が漏れて止まらないのか。住まいはマンションなのか、一軒家なのか。住所はどこか。これらを説明します。
そうすると、話の内容から修理費の概算と到着時間などが連絡されます。その費用と時間でよければ、修理訪問を依頼しましょう。ほどなく、担当スタッフが到着し、トラブル箇所を確認して緊急を要するときは応急処置がなされます。その後は、状況を確認して原因を判断し、交換必要な部品と作業の手順、作業時間と正確な見積額などの説明となります。疑問や質問があればこの時に聞きましょう。説明内容に納得すれば、作業が開始。修理交換後には、水漏れやつまりなどのトラブルが解消されていることを確認して作業は終了です。

修理には知識と経験の豊かなスタッフが担当します。修理後には再びこのようなトラブルが発生しないよう、予防策についてもアドバイスしていただけますので、安心してお任せすることができます。また、費用も作業前に確認した金額です。知らないうちに請求額が増えていたということは、決してありません。24時間、365日対応で、夜間でもOKです。ただ、夜間の作業で大きな音が出る場合には、ご近所様に配慮し、作業が翌日になることもあります。
もちろん、出張料・見積料は無料。修理した部分については、作業後1年~3年の保証と無料点検などのアフターサービスもついきます。

「住まいる水道」は、水のトラブルで困った時にすぐに対応していただける会社です。修理だけではなく、設備のリフォーム(トイレ・風呂・洗面台)なども扱っておられますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

2017年6月23日金曜日

蛇口の水漏れの直し方は難しくありません|住まいる水道

ご家庭のキッチンやお風呂場、庭先の水道の蛇口から水漏れがしていることはありませんか。きつく締めておけば大丈夫と思いますが、それでは問題解決になりません。このようなケースはほとんどがパッキンの劣化であることが多いです。パッキンは気密性を持たせるために気体や液体の容器や配管などの外部との接触がある所に設けるものです。

ゴム製の丸い輪であり、別名をOリングなどと呼ぶこともあります。このパッキンは使用しているうちに経年劣化してきます。そうすると気密性がとれなくなり蛇口から水滴が滴り落ちてくることにつながってくるのです。修理方法はまず、水道の止水栓を閉めます。メータボックス内に設置されているものが多いです。漏れているところのナットをウオーターポンプ プライヤーを使用して外します。

水柱のハンドルから漏れているときはコマを外して交換する必要がある時もあります。パッキンのサイズを確認して同じ大きさのものと交換します。パッキンは水道工事のお店やホームセンターなどで販売されています。最後に元通りに直してください。終了後に止水栓を開けて水漏れ等がないかを確認します。

トイレのタンクから水漏れしている場合


トイレのタンクから水漏れしている場合には、原因がいくつかあります。タンクが二重になっている物があり、長期間使っているうちに内部部分がだけがずれてしまい、それが原因になる事があります。治し方はずれた所を押し込んで元の状態にするだけで治す事が出来るのです。その他の原因としては、陶器部分のヒビが考えられますが、この場合には修理では無く、新しい物を買うもしくは、壊れている部分だけ新しい物に変える方法しかないのです。

水道を繋げている所が原因の場合は、繋ぎ目に使われているゴムパッキンの破損が考えられますので、ゴムパッキンだけを新しい物に変えるだけで治るのです。水道ホースや金属で出来ている管などは、動いたり動かしたり出来ないので、破損する事は考えられないので原因とはならないのです。トイレ自体と繋がっている所が一番原因となる所で、水をトイレ自体に送り込む為に大き目のゴムパッキンが使われていて、思いっきり絞め込んであるので、気温の変化が大きい程、破損する可能性が高く、ゴムパッキンの破損部分から水が、ポタポタと流れ出す事があるのです。

使用年数が長い物で、異常が見られた場合には、修理をして高額の支払いよりも新しい物に変えた方が、水道代の節約ともなるので、検討する事も大切なのです。 まずはお気軽に住まいる水道までご相談下さい。