365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

日常生活を送っていると、突然に水のトラブルが発生します。洗面所がつまり、水が流れなくなった。子どもがトイレに小さな人形を落としてそのまま流してしまい、トイレがつまってしまった。キッチンの蛇口から水が漏れて止まらない ……。このようなトラブルが発生してしまうと日常生活はストップしてしまいます。そこで修理をお願いしたいと思うが、どこに連絡していいのか、わからなくて困ってしまうことはありませんか。このようなときに頼りになるのが、「住まいる水道」なのです。

「住まいる水道」とは、東京都練馬区に本店を置く「株式会社住まいる設備」の屋号で、水のトラブル対応や各種部品の取付・交換、給排水工事、法人様向けのメンテナンスサービスなどを行っている会社です。水道修理・水漏れ修理、トイレのつまりやシャワーヘッドの交換など、水回りのトラブルにすべて対応していただけます。
利用の仕方は簡単です。まず、トラブルが発生した状況を電話で説明します。トラブルの箇所はどこなのか。キッチンなのか、洗面所なのか。また、つまってしまったのか、水が漏れて止まらないのか。住まいはマンションなのか、一軒家なのか。住所はどこか。これらを説明します。
そうすると、話の内容から修理費の概算と到着時間などが連絡されます。その費用と時間でよければ、修理訪問を依頼しましょう。ほどなく、担当スタッフが到着し、トラブル箇所を確認して緊急を要するときは応急処置がなされます。その後は、状況を確認して原因を判断し、交換必要な部品と作業の手順、作業時間と正確な見積額などの説明となります。疑問や質問があればこの時に聞きましょう。説明内容に納得すれば、作業が開始。修理交換後には、水漏れやつまりなどのトラブルが解消されていることを確認して作業は終了です。

修理には知識と経験の豊かなスタッフが担当します。修理後には再びこのようなトラブルが発生しないよう、予防策についてもアドバイスしていただけますので、安心してお任せすることができます。また、費用も作業前に確認した金額です。知らないうちに請求額が増えていたということは、決してありません。24時間、365日対応で、夜間でもOKです。ただ、夜間の作業で大きな音が出る場合には、ご近所様に配慮し、作業が翌日になることもあります。
もちろん、出張料・見積料は無料。修理した部分については、作業後1年~3年の保証と無料点検などのアフターサービスもついきます。

「住まいる水道」は、水のトラブルで困った時にすぐに対応していただける会社です。修理だけではなく、設備のリフォーム(トイレ・風呂・洗面台)なども扱っておられますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

2017年11月30日木曜日

ユニットバスの排水トラップの詰まりの原因|住まいる水道

ユニットバスには、浴槽内と洗い場に排水口があります。特に、洗い場の排水口は、髪の毛などが流れ込み、詰まりの原因になってしまいますから、こまめに掃除をする必要があります。ユニットバスな排水トラップの構造は、においがあがってこないように水が溜まるようになっています。

排水トラップは、においを防ぐためにねじ込み式の排水筒が取り付けてあり、その上に目皿が取り付けてあるのが一般的です。排水溝が詰まる原因は、主に髪の毛です。洗い場で流した髪の毛というのは、目皿である程度除去することはできますが、洗い場に浮いている髪の毛というのはそのまま排水溝に流れ込んでしまい、詰まりの原因になってしまいます。

軽度な詰まりの場合には、市販のパイプクリーナーを使用することで除去することは可能ですが、長年掃除をしていなかったり、メンテナンスを行っていないような場合には、素人では除去することができませんから、専門の業者に依頼して、高圧洗浄機などで除去してもらう必要があります。排水溝というのは、いきなり詰まってしまうわけではなく、徐々に水の流れが悪くなっていきます。そんな時は住まいる水道までご相談下さい。

ユニットバスの詰まり原因


そのため、水が溢れるまでには、水の流れが遅くなっていきますから、その時点で異変に気づくというケースも少なくありません。その時点で対策をとっていれば、自分でも修繕が可能かもしれませんが、なにをやっても水が流れず溢れてしまうという場合には、かなり深い場所で詰まりが起こっている可能性もありますから、業者に依頼するようにしましょう。素人が作業してしまい、さらに被害が拡大してしまいますから、専門業者に依頼することが大切です。


ユニットバスは、在来工法に比べると水漏れが起こりにくい構造となっています。ただ、毎日使用していますから、ひび劣化が進む場所でもあります。排水溝だけではなく、コーキングのはがれや蛇口のパッキンの劣化などさまざまな原因で水が漏れる可能性がありますから、浴室の寿命を延ばすためには、こまめにメンテナンスを行うようにしましょう。

ユニットバスを長年使用していると、色あせやはがれ、細かなひび割れなどが起こることがあります。
10年以上使用していれば、リフォームして新しいものと交換するという方がいい場合もありますが、10年未満であれば、塗装をし直すことで、新品同様の美しさを取り戻すことができます。きちんと下地処理した上から塗装をしていきますから、防水機能も復活しますからおすすめです。