365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

日常生活を送っていると、突然に水のトラブルが発生します。洗面所がつまり、水が流れなくなった。子どもがトイレに小さな人形を落としてそのまま流してしまい、トイレがつまってしまった。キッチンの蛇口から水が漏れて止まらない ……。このようなトラブルが発生してしまうと日常生活はストップしてしまいます。そこで修理をお願いしたいと思うが、どこに連絡していいのか、わからなくて困ってしまうことはありませんか。このようなときに頼りになるのが、「住まいる水道」なのです。

「住まいる水道」とは、東京都練馬区に本店を置く「株式会社住まいる設備」の屋号で、水のトラブル対応や各種部品の取付・交換、給排水工事、法人様向けのメンテナンスサービスなどを行っている会社です。水道修理・水漏れ修理、トイレのつまりやシャワーヘッドの交換など、水回りのトラブルにすべて対応していただけます。
利用の仕方は簡単です。まず、トラブルが発生した状況を電話で説明します。トラブルの箇所はどこなのか。キッチンなのか、洗面所なのか。また、つまってしまったのか、水が漏れて止まらないのか。住まいはマンションなのか、一軒家なのか。住所はどこか。これらを説明します。
そうすると、話の内容から修理費の概算と到着時間などが連絡されます。その費用と時間でよければ、修理訪問を依頼しましょう。ほどなく、担当スタッフが到着し、トラブル箇所を確認して緊急を要するときは応急処置がなされます。その後は、状況を確認して原因を判断し、交換必要な部品と作業の手順、作業時間と正確な見積額などの説明となります。疑問や質問があればこの時に聞きましょう。説明内容に納得すれば、作業が開始。修理交換後には、水漏れやつまりなどのトラブルが解消されていることを確認して作業は終了です。

修理には知識と経験の豊かなスタッフが担当します。修理後には再びこのようなトラブルが発生しないよう、予防策についてもアドバイスしていただけますので、安心してお任せすることができます。また、費用も作業前に確認した金額です。知らないうちに請求額が増えていたということは、決してありません。24時間、365日対応で、夜間でもOKです。ただ、夜間の作業で大きな音が出る場合には、ご近所様に配慮し、作業が翌日になることもあります。
もちろん、出張料・見積料は無料。修理した部分については、作業後1年~3年の保証と無料点検などのアフターサービスもついきます。

「住まいる水道」は、水のトラブルで困った時にすぐに対応していただける会社です。修理だけではなく、設備のリフォーム(トイレ・風呂・洗面台)なども扱っておられますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

2017年10月25日水曜日

水道局メーター検針で水道管の水漏れに気付くことがある

電気、ガス、水道は、私たちが快適な生活を続けて行くためのライフラインの三本柱であり、中でも水道は命に関わるため、特に重要とされています。電気やガスは、1ヵ月ごとに利用料金を支払うのに対して、水道は2ヵ月に1回の利用料金の支払いとなります。これは、水道の管理は水道局が行い、水道メーター検針を2ヵ月に1回の頻度で行うためです。

水道料金は、各家庭の家族数などによって変わりますが、2ヵ月ごとの使用量は概ね変わりません。水道料金が大幅に増加している場合は水道管が水漏れしている可能性が高いです。家の中で水漏れしていれば、床などが水浸しになりますので気付くことができます。しかし、地中内に埋設されている水道管が漏水している場合は気付くのも困難です。

メーター検針の人から、漏水の可能性を教えられて気付くのがほとんどでしょう。地中で漏れた水は、周りの砂や砂利を洗い流してしまいます。すると空洞ができ、いきなり陥没したり、建物が沈下してしまったりする危険性が高くなりますので、漏水の可能性を指摘されたら早めに水道設備業者に連絡し、点検してもらうことが必要です。水道設備業者は自分で依頼するようになりますが、どの業者に頼んでいいか分からない場合は、水道局に問い合わせれば情報提供してくれます。何か分からない事がありましたら住まいる水道までご相談下さい。

水道管や埋設管の水漏れの確認方法



水道管はそれぞれの家庭や施設に給水するために使われている配管です。その中で地中などに埋まっている水道管を埋設管と言います。普段の生活で見ることができないところにあるので水漏れが起こると大変なことになります。個人で行うことは難しいので専門の業者にお願いするしかありません。

まずは水の量を量る量水器などを使って漏水があるかを確認します。全ての水栓を閉めても量水器の右端の針が回っているようならどこかで漏水が発生しています。あとはどこか水たまりが起こっている箇所や水が垂れてきているところがあるかを確認します。そのような場所を発見してもそこが根本原因とは限りません。傾斜によってたまたまそこに流れてしまっただけかもしれません。また、埋設場所の材質によっても調査の方法が変わってきます。とても素人ができるようなものではありません。

このような状況を確認できる資格として漏水調査技術認定制度があります。全国漏水調査協会は認定するもので漏水の調査技術の向上を目的としています。そのような技術資格者が見た目だけの診断ではなく、豊富な経験や音響検査などの技術を使って場所を特定します。それでも100%漏水箇所を当てることは難しいと言われています。