365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

日常生活を送っていると、突然に水のトラブルが発生します。洗面所がつまり、水が流れなくなった。子どもがトイレに小さな人形を落としてそのまま流してしまい、トイレがつまってしまった。キッチンの蛇口から水が漏れて止まらない ……。このようなトラブルが発生してしまうと日常生活はストップしてしまいます。そこで修理をお願いしたいと思うが、どこに連絡していいのか、わからなくて困ってしまうことはありませんか。このようなときに頼りになるのが、「住まいる水道」なのです。

「住まいる水道」とは、東京都練馬区に本店を置く「株式会社住まいる設備」の屋号で、水のトラブル対応や各種部品の取付・交換、給排水工事、法人様向けのメンテナンスサービスなどを行っている会社です。水道修理・水漏れ修理、トイレのつまりやシャワーヘッドの交換など、水回りのトラブルにすべて対応していただけます。
利用の仕方は簡単です。まず、トラブルが発生した状況を電話で説明します。トラブルの箇所はどこなのか。キッチンなのか、洗面所なのか。また、つまってしまったのか、水が漏れて止まらないのか。住まいはマンションなのか、一軒家なのか。住所はどこか。これらを説明します。
そうすると、話の内容から修理費の概算と到着時間などが連絡されます。その費用と時間でよければ、修理訪問を依頼しましょう。ほどなく、担当スタッフが到着し、トラブル箇所を確認して緊急を要するときは応急処置がなされます。その後は、状況を確認して原因を判断し、交換必要な部品と作業の手順、作業時間と正確な見積額などの説明となります。疑問や質問があればこの時に聞きましょう。説明内容に納得すれば、作業が開始。修理交換後には、水漏れやつまりなどのトラブルが解消されていることを確認して作業は終了です。

修理には知識と経験の豊かなスタッフが担当します。修理後には再びこのようなトラブルが発生しないよう、予防策についてもアドバイスしていただけますので、安心してお任せすることができます。また、費用も作業前に確認した金額です。知らないうちに請求額が増えていたということは、決してありません。24時間、365日対応で、夜間でもOKです。ただ、夜間の作業で大きな音が出る場合には、ご近所様に配慮し、作業が翌日になることもあります。
もちろん、出張料・見積料は無料。修理した部分については、作業後1年~3年の保証と無料点検などのアフターサービスもついきます。

「住まいる水道」は、水のトラブルで困った時にすぐに対応していただける会社です。修理だけではなく、設備のリフォーム(トイレ・風呂・洗面台)なども扱っておられますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

2017年10月25日水曜日

水道管の水漏れの修理料金で注意すべきこと|住まいる水道

水道管の水漏れが起こった場合には修理業者に依頼するようにしましょう。ただ、実際に依頼する前に工事料金の見積もりと工事内容を提示してもらい、把握しておいた方がいいです。そして、いくつかの業者に依頼して比較し、最終的に依頼する業者を決定するようにしましょう。

見積もりと工事内容を提示してもらう上で気をつけておくべき点はまず代わりに取り付ける水道管の材質についてです。水道管の漏れは水分によって錆びて強度が弱くなることによってよく起こります。例えば、鉄製の管の場合にはどうしても錆びやすくなってしまいます。こういった鉄製の管を取り付ける場合には防水テープなどで水に触れないように補強しておく必要があります。

しかし、業者によってはそういったケアを怠っているところもあります。一度、管が錆びてしまっているところはどうしても水分がたまりやすい場所なので、そういったケアを怠ってしまうと再び錆びて、水漏れが起こる可能性が非常に高いです。防水テープを施さない場合には元々錆びにくい素材のものを使用するべきなのです。

当然こういった工事をするためには工事費用が余分にかかってしまうことはあります。しかし、それで再び水漏れが起こってしまうとより手間がかかって、結果的に費用も多くかかってしまいます。費用を見ることも重要ですが、工事の内容についても総合的に見て、業者を選択するようにしましょう。

祝祭日の水道管水漏れは指定業者で対応してくれる


昔の水道管は、鉄管と呼ばれる文字通りの鉄でできた管でした。常識的に鉄は水に長い時間、触れていると錆びてきます。それが漏水の原因となるため、鉄管の内部を樹脂素材でコーティングしたライニング管が登場しました。これで内部の錆に対しては耐久性が格段に向上しました。近年の主流は、ポリエチレンでできた樹脂の管です。錆の心配が全くなく、丸めることができるため、自由自在に配管ができ、輸送も簡単にできます。

このように材質や工法は向上して、私たちの生活を快適にしてくれますが、それでも絶対に水漏れを起こさないということはありません。土日や祝日、深夜に限らず漏水は起こります。このような時には、どこに修理を依頼すればいいのでしょうか?テレビなどでも修理業者のCMを行っていますが、とっさには電話番号も分からないでしょう。そのような時は、水道局に連絡しましょう。市区町村には、指定水道修理工事事業者が決まっており、緊急時に当番として控えています。

寒冷地にお住いの方は、冬期の水道管凍結の心配も出てきます。凍結防止用ヒーターを巻いているからと言って油断していると、コンセントからの抜け落ちや断線などにより、上手く機能しておらず、凍結する可能性があります。このような修理も工事事業者で対応してくれますので、相談してみましょう。 住まいる水道ではお電話でのご相談も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。