365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

日常生活を送っていると、突然に水のトラブルが発生します。洗面所がつまり、水が流れなくなった。子どもがトイレに小さな人形を落としてそのまま流してしまい、トイレがつまってしまった。キッチンの蛇口から水が漏れて止まらない ……。このようなトラブルが発生してしまうと日常生活はストップしてしまいます。そこで修理をお願いしたいと思うが、どこに連絡していいのか、わからなくて困ってしまうことはありませんか。このようなときに頼りになるのが、「住まいる水道」なのです。

「住まいる水道」とは、東京都練馬区に本店を置く「株式会社住まいる設備」の屋号で、水のトラブル対応や各種部品の取付・交換、給排水工事、法人様向けのメンテナンスサービスなどを行っている会社です。水道修理・水漏れ修理、トイレのつまりやシャワーヘッドの交換など、水回りのトラブルにすべて対応していただけます。
利用の仕方は簡単です。まず、トラブルが発生した状況を電話で説明します。トラブルの箇所はどこなのか。キッチンなのか、洗面所なのか。また、つまってしまったのか、水が漏れて止まらないのか。住まいはマンションなのか、一軒家なのか。住所はどこか。これらを説明します。
そうすると、話の内容から修理費の概算と到着時間などが連絡されます。その費用と時間でよければ、修理訪問を依頼しましょう。ほどなく、担当スタッフが到着し、トラブル箇所を確認して緊急を要するときは応急処置がなされます。その後は、状況を確認して原因を判断し、交換必要な部品と作業の手順、作業時間と正確な見積額などの説明となります。疑問や質問があればこの時に聞きましょう。説明内容に納得すれば、作業が開始。修理交換後には、水漏れやつまりなどのトラブルが解消されていることを確認して作業は終了です。

修理には知識と経験の豊かなスタッフが担当します。修理後には再びこのようなトラブルが発生しないよう、予防策についてもアドバイスしていただけますので、安心してお任せすることができます。また、費用も作業前に確認した金額です。知らないうちに請求額が増えていたということは、決してありません。24時間、365日対応で、夜間でもOKです。ただ、夜間の作業で大きな音が出る場合には、ご近所様に配慮し、作業が翌日になることもあります。
もちろん、出張料・見積料は無料。修理した部分については、作業後1年~3年の保証と無料点検などのアフターサービスもついきます。

「住まいる水道」は、水のトラブルで困った時にすぐに対応していただける会社です。修理だけではなく、設備のリフォーム(トイレ・風呂・洗面台)なども扱っておられますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

2017年10月25日水曜日

屋内の水道管の水漏れは音で気がつくことがあります|住まいる水道

蛇口やシャワーなど、目に見えるところから水が漏れている場合、すぐに気が付くことができます。しかし、目に見えないところでも水漏れは起こり得ます。屋内の水道管から水が漏れていると、自分ではまったく気がついていない間に膨大な量の水を消費し、大きな水道代を請求されることになります。

屋内の水道管で水漏れがしている場合、水の音がする時があります。水滴が落ちる音が続いているとすれば、どこか目に見えないところで、水が漏れている可能性が高いです。屋内の水道管の水漏れの場合、自分で修理することはできません。マンションやアパートなどの集合住宅なら、大家さんか管理会社に相談する必要があります。また、持ち家の場合は、プロの業者に依頼することが、一番確実な修理方法です。

洗面所や台所、トイレといった、分かりやすいところにある水道管の水漏れなら、音で気づくことができます。しかし、目に見えない部分で、音がしない場所で水が漏れている可能は、常にあります。水に関係するところのメンテナンスは非常に重要で、大量の水が漏れていた場合には、家の修理が必要になることもあります。少しでも異常があれば、すぐにプロの業者を読んで、検査をしてもらいましょう。
住まいる水道では少しでも早く駆け付けられるようスタッフを手配致しますのでお気軽にご相談下さい。

漏水箇所が分からない水道管の水漏れは業者に依頼して解決


水道管の水漏れには様々な症状が存在し、素人視点ではなかなか水道管の漏水箇所を探し当てるのが困難というケースも多いです。水は伝わって溢れ出る性質があるため、漏れ箇所から流れて来てそれが水漏れの症状を引き起こすこともあるため、業者でも修理していく中で思わぬところが漏水箇所となった経験を持つ方も多いです。

ただ水道管では、配管が通っている箇所よりも主にジョイント部分が水漏れを起こしやすく、ジョイントではネジやナット、パッキンなどを利用しますが、それが緩んだり劣化することで起こしやすいです。水道管内は水の圧力が半端ない状態にありますので、配管内部は常に圧力がかかった状態となります。

ジョイント部分にも当然、負荷がかかるため、大抵の業者はジョイント部分を目視によって確認することで漏れ箇所を把握します。なお配管の施設状況とその使われ方によっては結露が生じるケースがあり、これが水漏れと錯覚するケースがあります。よく素人が漏水箇所は分からないのに水浸し状態になっているのを見ただけで、漏れてると勘違いされる方も該当します。

水道業者からすると、配管を敷設した場合はその結露対策を行うことが当然となるため、専用のカバーやチューブで対策を行います。また丁寧の水道業者に任せると、結露の水を上手く逃がす様な工夫の処理を施す場合も多いです。