365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

日常生活を送っていると、突然に水のトラブルが発生します。洗面所がつまり、水が流れなくなった。子どもがトイレに小さな人形を落としてそのまま流してしまい、トイレがつまってしまった。キッチンの蛇口から水が漏れて止まらない ……。このようなトラブルが発生してしまうと日常生活はストップしてしまいます。そこで修理をお願いしたいと思うが、どこに連絡していいのか、わからなくて困ってしまうことはありませんか。このようなときに頼りになるのが、「住まいる水道」なのです。

「住まいる水道」とは、東京都練馬区に本店を置く「株式会社住まいる設備」の屋号で、水のトラブル対応や各種部品の取付・交換、給排水工事、法人様向けのメンテナンスサービスなどを行っている会社です。水道修理・水漏れ修理、トイレのつまりやシャワーヘッドの交換など、水回りのトラブルにすべて対応していただけます。
利用の仕方は簡単です。まず、トラブルが発生した状況を電話で説明します。トラブルの箇所はどこなのか。キッチンなのか、洗面所なのか。また、つまってしまったのか、水が漏れて止まらないのか。住まいはマンションなのか、一軒家なのか。住所はどこか。これらを説明します。
そうすると、話の内容から修理費の概算と到着時間などが連絡されます。その費用と時間でよければ、修理訪問を依頼しましょう。ほどなく、担当スタッフが到着し、トラブル箇所を確認して緊急を要するときは応急処置がなされます。その後は、状況を確認して原因を判断し、交換必要な部品と作業の手順、作業時間と正確な見積額などの説明となります。疑問や質問があればこの時に聞きましょう。説明内容に納得すれば、作業が開始。修理交換後には、水漏れやつまりなどのトラブルが解消されていることを確認して作業は終了です。

修理には知識と経験の豊かなスタッフが担当します。修理後には再びこのようなトラブルが発生しないよう、予防策についてもアドバイスしていただけますので、安心してお任せすることができます。また、費用も作業前に確認した金額です。知らないうちに請求額が増えていたということは、決してありません。24時間、365日対応で、夜間でもOKです。ただ、夜間の作業で大きな音が出る場合には、ご近所様に配慮し、作業が翌日になることもあります。
もちろん、出張料・見積料は無料。修理した部分については、作業後1年~3年の保証と無料点検などのアフターサービスもついきます。

「住まいる水道」は、水のトラブルで困った時にすぐに対応していただける会社です。修理だけではなく、設備のリフォーム(トイレ・風呂・洗面台)なども扱っておられますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

2017年10月25日水曜日

水道の蛇口の水漏れが発生する原因はパッキンの劣化にある|住まいる水道

自宅の水道から水漏れが発生することがあります。丁寧に利用していれば20年以上は故障なく長持ちすることが多いですが、それでも時間の経過とともに壊れてしまう運命にあります。水道の故障でよくあるのは蛇口の水漏れです。水漏れが発生している原因はいくつかありますが、多くの場合パッキンの劣化にあると考えてよいでしょう。

水道管と水道管をつないでいる部分にパッキングが挟まっています。このパッキンは、通常ゴム製品でできており、ほかのプラスチックの部分や金属製の部分に比べると劣化しやすくなっています。ゴム製品は時間の経過とともにひび割れが発生してしまいますので、定期的に交換をしなければなりません。

交換をする場合には、自分で行うことも不可能ではありません。直し方を知っていれば自分で行うのもよいでしょう。少なくともほかのパーツに比べれば取り付けしやすいのが特徴です。しかしながら、ホームセンターなどに行き、パッキンを購入してもサイズが合わないといった事態が起こり得ます。このような場合は、素直に専門の業者さんにお願いをした方がよいでしょう。

専門の業者であれば、一目見ただけでその水道管のサイズがどれぐらいなのかを判断することができるからです。結果的に、短時間で修理することが可能になります。ご自身でやってみて難しいようでしたら住まいる水道までご相談下さい。


水漏れが発生している蛇口を直す水道用工具


水道のトラブルとして多いのが蛇口の水漏れです。水道は耐久性を考えて金属でできているため長年使っていると接合部が緩んだり、酸化して錆びる恐れがあります。直し方は締め直しや、清掃または交換になります。蛇口を分解、修理するためには特殊な工具が必要になることがあります。そんなに種類があるわけではないので、必要なものだけでも持っていると便利です。

水道の接続部には専用のナットが使われています。通常のナットとは違って部品の一部になっているため大きいことが特徴です。そのため通常のスパナとは違ってパイプレンチと呼ばれる大きく開くことができる工具が必要になります。挟み込む部分が合うようにレンチのはめ込みの位置を調整します。そしてグリップをしっかり握って緩めます。

分解、清掃や交換が済んだら元に戻しますが、ネジの部分に融着テープをつける必要があります。配管内を水が流れるため、ネジのはめ込み部分でも水が漏れるおそれがあります。そのため樹脂の薄いテープをねじ山に巻きつける必要があります。融着テープはそれ自身がネジの隙間を埋めて水漏れを防ぐ効果があります。締め付けた時に金属同士が擦れて消耗しないように保護する役目もあります。