365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

日常生活を送っていると、突然に水のトラブルが発生します。洗面所がつまり、水が流れなくなった。子どもがトイレに小さな人形を落としてそのまま流してしまい、トイレがつまってしまった。キッチンの蛇口から水が漏れて止まらない ……。このようなトラブルが発生してしまうと日常生活はストップしてしまいます。そこで修理をお願いしたいと思うが、どこに連絡していいのか、わからなくて困ってしまうことはありませんか。このようなときに頼りになるのが、「住まいる水道」なのです。

「住まいる水道」とは、東京都練馬区に本店を置く「株式会社住まいる設備」の屋号で、水のトラブル対応や各種部品の取付・交換、給排水工事、法人様向けのメンテナンスサービスなどを行っている会社です。水道修理・水漏れ修理、トイレのつまりやシャワーヘッドの交換など、水回りのトラブルにすべて対応していただけます。
利用の仕方は簡単です。まず、トラブルが発生した状況を電話で説明します。トラブルの箇所はどこなのか。キッチンなのか、洗面所なのか。また、つまってしまったのか、水が漏れて止まらないのか。住まいはマンションなのか、一軒家なのか。住所はどこか。これらを説明します。
そうすると、話の内容から修理費の概算と到着時間などが連絡されます。その費用と時間でよければ、修理訪問を依頼しましょう。ほどなく、担当スタッフが到着し、トラブル箇所を確認して緊急を要するときは応急処置がなされます。その後は、状況を確認して原因を判断し、交換必要な部品と作業の手順、作業時間と正確な見積額などの説明となります。疑問や質問があればこの時に聞きましょう。説明内容に納得すれば、作業が開始。修理交換後には、水漏れやつまりなどのトラブルが解消されていることを確認して作業は終了です。

修理には知識と経験の豊かなスタッフが担当します。修理後には再びこのようなトラブルが発生しないよう、予防策についてもアドバイスしていただけますので、安心してお任せすることができます。また、費用も作業前に確認した金額です。知らないうちに請求額が増えていたということは、決してありません。24時間、365日対応で、夜間でもOKです。ただ、夜間の作業で大きな音が出る場合には、ご近所様に配慮し、作業が翌日になることもあります。
もちろん、出張料・見積料は無料。修理した部分については、作業後1年~3年の保証と無料点検などのアフターサービスもついきます。

「住まいる水道」は、水のトラブルで困った時にすぐに対応していただける会社です。修理だけではなく、設備のリフォーム(トイレ・風呂・洗面台)なども扱っておられますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

2017年5月24日水曜日

自分でできる修理蛇口とプロに頼んだ方が良い場合|住まいる水道

普段何気なく使用している水まわりですが、不具合が生じると途端に不便を感じる部分でもあります。水道設備は家族の誰もが毎日の身支度やお風呂で使用しますし、主婦であれば掃除や洗濯、食事作りに欠かせません。生活がスムーズに運ぶように、普段から不具合がないかどうか点検を行うのは良いことです。不具合の中でも修理が必要になるものに、水が漏れるという現象があります。

大抵は大量の水漏れよりもポタポタと少量の水が漏れることが多いですが、原因は蛇口の部品であるナットが緩んでいたり、ゴム素材のパッキンなどが劣化しているというものがほとんどです。このように原因が分かって、部品を交換するだけの簡単な修理なら自分で行うことも可能です。その場合でも、他の部分を傷つけたり、戻すときに間違った組み立てをしないよう、修理蛇口の説明書などを参照しながら慎重に行うようにします。

こうした作業に不慣れな場合や修理したものの状況が改善しない時は、無理に直そうとせずに修理蛇口のプロに相談した方が賢明です。水まわりの不具合は建物自体にも影響を及ぼすことがありますから、プロの技術でしっかり修理することが大切です。住まいる水道のスタッフは水回りのプロです!安心してお任せ下さい。

水道管には配水管と給水管があり修理する人が異なる


水道管に不具合がある場合、原因が配水管にあるのか、それとも給水管にあるのかによって、修理を請け負う人が異なってきます。下水ではなく、浄水と呼ばれる生活用水は、まず水道局が管轄している配水場から配水管を通って運ばれてきます。そして各家庭にある給水管によって、蛇口に水が届きます。配水管は水道局によって管理されており、定期的にメンテナンスを受けています。

一般的に水道管の故障と言えば、この給水管の破損や腐食を指します。例えば地震などによって給水管にひびが入ると、そこから水が漏れてしまいます。また金属製の配水管では年月と共に管の内部が腐食して、蛇口からさびを含んだ赤い水が出ることがあります。そのまま放っておくと、さびの進んだ部分に穴が開き、水が漏れ出します。

水道料金が普段よりかなり高くなっている場合は、水漏れの可能性があるため、水道管の修理業者に調査してもらう必要があります。特に築30年を過ぎている住宅では、水漏れが生じる率が高まります。その他、水に溶けない物が給水管に詰まって水が逆流するケースもあり、この場合も業者に依頼することになります。