365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

365日、迅速な対応! 水のトラブルや設備のリフォームなら「住まいる水道」

日常生活を送っていると、突然に水のトラブルが発生します。洗面所がつまり、水が流れなくなった。子どもがトイレに小さな人形を落としてそのまま流してしまい、トイレがつまってしまった。キッチンの蛇口から水が漏れて止まらない ……。このようなトラブルが発生してしまうと日常生活はストップしてしまいます。そこで修理をお願いしたいと思うが、どこに連絡していいのか、わからなくて困ってしまうことはありませんか。このようなときに頼りになるのが、「住まいる水道」なのです。

「住まいる水道」とは、東京都練馬区に本店を置く「株式会社住まいる設備」の屋号で、水のトラブル対応や各種部品の取付・交換、給排水工事、法人様向けのメンテナンスサービスなどを行っている会社です。水道修理・水漏れ修理、トイレのつまりやシャワーヘッドの交換など、水回りのトラブルにすべて対応していただけます。
利用の仕方は簡単です。まず、トラブルが発生した状況を電話で説明します。トラブルの箇所はどこなのか。キッチンなのか、洗面所なのか。また、つまってしまったのか、水が漏れて止まらないのか。住まいはマンションなのか、一軒家なのか。住所はどこか。これらを説明します。
そうすると、話の内容から修理費の概算と到着時間などが連絡されます。その費用と時間でよければ、修理訪問を依頼しましょう。ほどなく、担当スタッフが到着し、トラブル箇所を確認して緊急を要するときは応急処置がなされます。その後は、状況を確認して原因を判断し、交換必要な部品と作業の手順、作業時間と正確な見積額などの説明となります。疑問や質問があればこの時に聞きましょう。説明内容に納得すれば、作業が開始。修理交換後には、水漏れやつまりなどのトラブルが解消されていることを確認して作業は終了です。

修理には知識と経験の豊かなスタッフが担当します。修理後には再びこのようなトラブルが発生しないよう、予防策についてもアドバイスしていただけますので、安心してお任せすることができます。また、費用も作業前に確認した金額です。知らないうちに請求額が増えていたということは、決してありません。24時間、365日対応で、夜間でもOKです。ただ、夜間の作業で大きな音が出る場合には、ご近所様に配慮し、作業が翌日になることもあります。
もちろん、出張料・見積料は無料。修理した部分については、作業後1年~3年の保証と無料点検などのアフターサービスもついきます。

「住まいる水道」は、水のトラブルで困った時にすぐに対応していただける会社です。修理だけではなく、設備のリフォーム(トイレ・風呂・洗面台)なども扱っておられますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

2017年5月24日水曜日

緊急水道修理の依頼で知っておきたいこと|住まいる水道


水道修理が緊急に必要になった場合には、まず、慌てずに対処をすることが大切です。緊急の場合にはどこが対象となっているのか見極める必要があり、メーターから外側に関しては、市町村などの各自治体、敷地側に関しては民間業者に依頼をして対処をすることになります。ほとんどの自治体では、水道のトラブルに関しては24時間365日の対応を行っており、例えば、東京都を例にあげれば、平日午前8時30分~午後8時の間対応をしており、急を要する場合には全日24時間対応の体制を整えています。

仮に、メーターより内部で民間業者に依頼が必要となった場合でも、東京都管工事工業協同組合が運営をしている総合設備メンテナンスセンターで対応をしており、ここでは、24時間365日、23区全域に対して受付を行っています。また、連絡先もフリーダイヤルと携帯等からの2つの連絡先を設けています。連絡をすることで担当となる業者の紹介を受けることができ、迅速な対応をすることができます。

住宅内においては、まず、連絡を入れる前にとりあえず漏水を止めておく必要があり、この場合、外部に設けられている止水栓を閉めることで行うことができます。工事に関しては、水を止めて大丈夫であれば翌日業者に依頼をすればよく、この場合、トラブルを避けるためにも見積りを取った上で依頼をするようにし、決して慌てて工事先行にならないようにすることが大切です。住まいる水道では24時間365日対応しております。少しでも早く対応できるように努めています。


水道トラブルで修理依頼件数の多いトイレの不具合



一般家庭の中で水回りのトラブルが発生しやすい場所がトイレです。流し台のシンクや洗面台と異なり構造がやや複雑なため、また使用頻度も多く消耗する部品もあるために、定期的に点検や修理を行う必要があります。タンク内には水道から流れてくる水を止めるための栓があります。その栓は水がタンク内に溜まってくると浮き上がってくる浮き球によって動作しますので、浮き玉の動きが悪くなっている場合は水が止まらないというトラブルが発生します。
また水を止める部分のパッキンはゴムの材質であるために、経年劣化によって水漏れが発生する場合があります。

水が止まらないとか、少しずつ漏れてくるなどの状況があれば、一度タンクの蓋を開けて点検してみると良いでしょう。なお、構造の関係上、専門的な水道業者ではないと修理を行うことが難しい場合もあります。原因が不明の場合や、タンクのフタを開けることのできないタイプの場合はすぐに業者に連絡したほうが良いでしょう。レバー式の場合には、うまくレバーが戻らないことが原因で水道が止まらないという単純な原因である場合もあります。念のためにチェックしておくことをおすすめします。 何か困った事、気になる事がありましたらお気軽に住まいる水道までご相談下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿